ブロックチェーンは、ポルトガルの新興テックハブ、Madeira Blockchain 2023を支えています

ブロックチェーンが、ポルトガルの新しいテクノロジーハブであるマデイラ・ブロックチェーン2023の基盤となっています

ポルトガルのマデイラ諸島は、ブロックチェーンや人工知能などの新興技術に焦点を当てたスタートアップハブの誕生を目撃しています。マデイラ地方政府の財務秘書であるロジェリオ・ゴヴェイア氏は、技術セクターが島の企業の約30%を占めていると述べています – 伝統的に観光産業が中心だった経済において、これはかなりの増加です。

地元のテックコミュニティは、マデイラ・ブロックチェーン・カンファレンスを主催するための2日間のイベントを開催し、スタートアップのネットワーキング促進やブロックチェーンが現実世界の問題を解決するためにどのように利用できるかについての議論を行っています。

Cointelegraphは、ファンシャルの文化研究センターで2年連続で開催されたイベントに参加しました。カンファレンスの主なポイントを次に紹介します。

伝統的なゲームスタジオが静かにブロックチェーンに取り組んでおり、ブームワードを避けています

ブロックチェーン技術を探求しているゲーム会社は、プレイヤーや開発者からの抵抗に直面し、一部のスタジオはWeb3に関連するブームワードを避けるようにしています。

伝統的なゲームスタジオであるRedcatpigは、ゲームにブロックチェーン機能を導入することについての障壁に直面しました。 CEOのマルコ・ベテンクールト氏は、スタートアップチームにブロックチェーンをゲーム開発に統合することの潜在的な利点を探求することの困難さを強調しました。

スタジオは技術に取り組んできましたが、ブームワードを避けています。「新しい技術はみんな知っている。NFTやプロプライエタリー技術についてもみんな知っている。しかし、プレイヤーはブームワードを知る必要はありません。彼らがスキンを購入すれば所有権が得られ、明日売ることもできるということだけを知る必要がある」とベテンクールト氏は述べています。

2024年、会社は最初のブロックチェーンベースのゲームを発売し、非代替可能トークン(NFT)スキンとドローンを提供し、現金または暗号通貨でゲーム内で取引や購入ができる予定です。

マデイラブロックチェーンカンファレンスを主催するYacooba LabsのCEO、Mauricio Marques。出典:Ana Paula Cointelegraph

スタートアップが資金調達をしていますか?すべてのお金が同じではありません

イベントで、Subvisualのベンチャー・戦略の責任者であるアレクサンドル・メンデス氏が、Web3スタートアップの資金調達に関する重要な洞察を提供しました。彼によれば、資金を求めているスタートアップは、「すべてのお金が同じではない」ということを念頭に置かなければなりません。

スタートアップは、どの種類の投資家を探しているか、そして彼らがガバナンスにどのように参加するかを明確にする必要があります。「ロックアップやベスティング、キャリーなどは非常に戦略的で要求の高いトピックであり、私たちはより注意を払う必要があります」とメンデス氏は述べています。

メンデス氏はまた、トークンを発行し、同時に製品を開発するという「無限のジレンマ」についても探求しました。彼の意見では、すべてのプロジェクトがトークンを必要とするわけではありません。「私たちは常にトークンが必要ではありません。 […] トークンを成功裏にローンチしたが、製品の発売に失敗したスタートアップの数は非常に多い」と述べています。

多くの創業者は、自分たちが何のために創業しているかを知らないことがしばしばあり、メンデス氏は付け加えました。それに加えて、一部のプロジェクトは製品よりも技術のデモンストレーションに近いものだと言います。「私たちがここで構築しようとしているのは、技術デモンストレーションなのか、本当に会社を構築しようとしているのか」と彼は述べています。

マデイラはスタートアップに賭けて経済を強化する

マデイラは、スタートアップに対して重要なインセンティブを提供することで新しい技術を受け入れています。テック企業にとっての特典の一つは、フリートレードゾーンであり、企業税の最低税率や譲渡所得税の免除などの税制上の恩恵を提供しています。

「この地域に進出を目指す企業にとって、最も重要な税制上のインセンティブはマデイラフリーゾーンまたは国際ビジネスセンターに存在します。この地域では、税制上の優遇措置が提供され、法人税率は競争力のある最大5%に設定されています」とゴヴェイア氏はCointelegraphに語り、マデイラの経済成長を促進するために一連の規制とガイドラインの下で運営されるオフショアヘイブンではないことを強調しています。

マデイラは、地元の商店と観光客の通貨両替を容易にすることを目的とした支払いネットワークを開発しています。このネットワークは現在、実現可能性調査フェーズにあり、観光客が一枚のデビットカードに資金を読み込んで諸島全体で使用することができるブロックチェーン技術に基づいて稼働することが予想されています。同じカードシステムは、奨学金などの公的な福利厚生の配布を含む政府の業務を最適化するためにも計画されています。

雑誌: ビットコインの子供向け絵本の「オレンジピル」になるべきか?