ブロックチェーンがインターネットブラウザにやってくる:ENSが9月に.boxウェブドメインをローンチする

Ethereum Name Service(ENS)は、Web3認証のリーディングプロジェクトであり、2023年9月に.boxという新しいドメイン名拡張子を発売します。

ENSのリード開発者であるNick Johnsonは、6月7日にTwitterでこの更新情報を共有し、この開発が最初のブロックチェーンネイティブドメイン名システム(DNS)ルーティングトップレベルドメイン(TLD)になると注記しました。

ENSはWeb2にブロックチェーンを統合しています

Nick Johnsonのツイートによると、提案された.box TLDは、ENSとMy.boxの共同事業です。

ドメイン名の登録は、.ethドメインと同様の方法に従います。

近日発売予定の.box TLDは、Ethereumユーザーがウェブサイトへのリンクや電子メールを直接送信できるブロックチェーンベースのインターネット名サービスです。

.boxはEthereum Name Serviceに対応しており、.boxドメインを取得または転送するための登録はEthereumブロックチェーンを介して行われます。

.boxドメイン名により、NFTオーナーはDNSベースとENSベースの両方の名前を所有できます。発表によると、このサービスは9月までにロールアウトされる予定です。

新しいインターネット名システムは、暗号コミュニティの間で検閲の懸念を引き起こしました。1人のユーザーは、.boxドメイン名が検閲に耐性があるかどうかについて尋ねました。

彼はまた、FBIがTLDの制御を奪う可能性について尋ねました。

「真剣な質問:FBIが.box DNSリゾルバを標準のFBIテイクダウンページにリダイレクトするよう要求する場合、どうなるのですか?」彼は尋ねました。

Nick Johnsonの回答によると、FBIがTLD全体を奪おうとする可能性は低いようです。検閲に関する質問に対して、Johnsonは次のように述べました。

「いいえ。ICANNはAUPを要求し、UDRPプロセスに従う必要があるため、名前が取り消される方法はまだあります。」

Johnsonの回答は、.box TLDが検閲に対して耐性がなく、通常のドメイン名と同様に運営されることを示唆しています。

ENS.eth対.boxドメイン

Ethereum Name Service(ENS)は、Web3および暗号プラットフォーム全体でユーザーのアイデンティティを提供するブロックチェーンネイティブドメイン名システムです。

これは、従来のドメイン名システムと同じ基本的な概念を共有していますが、Ethereumブロックチェーンに基づく分散技術を使用しています。

ENSの主な機能は、暗号通貨アドレスなどのマシンリーダブルな識別子を人間が読めるドメイン名に変換することです。

ENSアドレスまたはURLは.ethで終わり、暗号アドレスの長い文字列を「James.eth」のようなシンプルなドメイン名で置き換えます。

各.ethドメイン名は、Ethereumアドレス、ハッシュ、メタデータ、およびその他のブロックチェーンベースのアドレスを識別するための識別子です。

近日発売予定の.box命名システムは、.ethと同様に動作します。主な違いは、.ethが従来のWeb DNSを使用しないのに対し、.boxドメインはENSとWebブラウザ経由でアクセスできることです。新しい.boxドメインでは、ユーザーはWebブラウザで自分のブロックチェーンアドレスにアクセスできます。