ブラックロック、ドイツ銀行が暗号資産を採用、AltSignalsは100万ドルを調達

  • ブラックロックはiShares Bitcoin Trustの承認を求めています。

  • ドイツ銀行は、ドイツで新しい暗号通貨保管ライセンスを申請しました。

  • AltSignalsはトークンセールで100万ドルを調達しました。

証券取引委員会(SEC)や他の規制当局が業界の主要企業と争っている中、大手金融サービス企業は暗号通貨を受け入れています。これが過去数日間でほとんどの暗号通貨が強い回復を遂げた理由です。ビットコイン価格は29,000ドルに近づき、イーサリアムは1,830ドルに急騰しました。一方、AltSignalsは投資家から100万ドル以上を調達しました。

ブラックロックとドイツ銀行の暗号通貨の野望

今月最も重要な暗号通貨ニュースは、SECが業界最大手のCoinbaseとBinanceを訴えたことでした。SECは、規制されていない証券の提供や顧客資金の混合などの複数の申し立てを行いました。

これらの訴訟の影響は業界にとって深刻なものになる可能性があります。たとえば、SECがCoinbaseに勝訴した場合、同社はステーキング製品の提供を停止する必要があります。ステーク製品の開発者は代わりに、まずこの機関からライセンスを取得する必要があります。

一方、多くの大手企業が暗号通貨を受け入れている兆候があります。当社がこちらで報告したように、ブラックロックはiShares Bitcoin Trustの承認を申請しました。承認されれば、これは暗号通貨業界で初めてのスポットETFになります。

このファンドは、ビットコインに露出することなく、実際のコインを保有することができるようになります。CoinbaseやBinanceのような取引所を使用せずにコインを保持することもできます。

スポットETFをSECが許可するかどうかはまだ不明です。過去に他のETFを拒否したことがあるためです。主な違いは、ブラックロックがETF申請に価格操作を防止するためのいくつかの措置を追加したことです。

その他の重要な暗号通貨ニュースは、非保管型暗号通貨取引所のEDX Marketsが正式にローンチしたことです。この取引所は、シュワブ、フィデリティ、シタデル証券などのウォールストリート企業に支援されています。これらすべての企業は、シタデルが最大の市場メーカーであることを含め、米国で重要な役割を果たしています。

一方、ドイツ銀行はBafinに暗号通貨保管ライセンスを申請したことを確認しました。同社は、ドイツの裕福な人々に暗号通貨バンキングサービスを提供することを目指しています。同社がライセンスを取得した場合、市場にとって良いことになります。

AltSignalsのトークンセールが100万ドルを調達

さらに、トレーディングシグナルを提供するFintech企業のAltSignalsは、トークンセールで投資家から100万ドル以上を調達しました。ASIトークンは、トークンセールの第1段階で0.015ドルで取引され、開発者は次の段階で25%の価格上昇を目指しています。

AltSignalsは、人工知能(AI)の概念を活用して顧客により良いシグナルを提供することを目的とした企業です。開発者は、プロジェクトを開発するために資金を使うつもりです。

将来的には、AltSignalsはASIトークン保有者が重要な決定に投票できる完全分散型プラットフォームになります。

AltSignalsは、3つの主要な理由で良い投資先です。第一に、トークンが非常に安いため、多額のリスクを冒すことなく多くのお金を稼ぐことができます。第二に、同社はAIを採用する前に既に利益を上げています。そして最後に、数十億ドルと評価されている業界を揺るがしています。