ブラックロックCEO、米国の「財政赤字のドラマ」がドルに悪影響を与えると発言ビットコインは恩恵を受ける可能性がある

投資管理会社BlackrockのCEOは、現在進行中の米国債務上限引き上げの試みに興奮していません。CEOのLaurence Finkは最近、インフレーションやその他の問題について話し合う中で、債務上限引き上げに関する「ドラマ」について語りました。観察者たちは、現在の状況がビットコインにとって好材料になる可能性があると考えています。

デュッシュバンクが主催する金融サービス会議で話をしたFinkは、水曜日に債務上限の論争に解決策が見つかると正しく予測しました。しかし、CEOは、債務上限引き上げは悪いと指摘し、それがドルに対するグローバルな信頼を減少させると述べました。Finksは次のように述べています。

「私は解決策が見つかると信じていますが、明確に言っておきますが、アメリカ合衆国は準備通貨の地位を危うくしています。」

Finkは、アメリカドルが長期間にわたって主要な準備通貨であると示唆しました。しかし、彼は、国の債務上限引き上げに関する継続的な議論とデフォルトの可能性が、ドルを不安定化させる要因であると述べました。

「私たちは信頼を損なっています。これは、長期的には正す必要があり、再構築する必要があります。」

BlackrockのCEOは債務上限とインフレに懸念を抱きつつ、景気後退を軽視しています

会議で話をしたFinkは、インフレと金利についても議論しました。アメリカ連邦準備制度理事会は昨年以降少なくとも10回の利上げを実施していますが、Finkはさらに2回の利上げがあると予想しています。彼によると、市場は非常に強靭であるにもかかわらず、連邦準備制度理事会はより警戒する必要があります。しかし、彼はインフレが減少する兆候が見られないため、金利の増加がさらにあると信じています。

それにもかかわらず、Finkは経済について一般的に楽観的です。彼は、アメリカでの景気後退の可能性は低いと考えています。彼によると、景気後退が起こった場合でも、それほど醜くないかもしれないと述べています。

米国の債務上限引き上げはビットコインにとって好材料になる可能性があるのでしょうか?

インフレとアメリカの債務上限に関する議論が、ビットコインを再び注目させました。市場規模で最大の仮想通貨であるビットコインは、政府のコントロールから独立しているため、不確実な金融政策に対する避難先として多くの愛好家や仮想通貨コミュニティのメンバーに選ばれています。

eToroの市場アナリストであるJosh Gilbertは、ビットコインの有限性と独立性が、銀行危機と債務上限取引を考えると、キングコインの有用性を示していると考えています。ただし、彼は、現在進行中の問題をビットコインの急騰の原因と見なすべきではないと述べています。

GilbertはKocooに語ったところによると、金融環境の一般的な不確実性が「恐怖よりも楽観的なものを引き起こした」と考えています。彼はまた、これらの出来事が流動性問題を引き起こすと信じています。

Fineqia Internationalの研究アナリストも、債務上限取引への投資家の恐怖がビットコインの価格を下げたと考えています。CoinMarketCapのデータによると、ビットコインは過去7日間で約2.5%上昇した後、26,913ドルで取引されています。