ブラックロックのCEO、ビットコインを「ゴールドのデジタイズ化」と称賛し、「ビットコインが金融を革命化する可能性がある」と述べました

ブラックロックのCEOであるラリー・フィンクは、ビットコイン(BTC)を「国際的な資産」と支持し、金融を革新する可能性があると述べました。

Fink氏は最近のFox Businessのインタビューで、自社がビットコインへの投資のコストと複雑さを削減することに積極的であると述べました。

彼は、この取り組みにより、仮想通貨市場が民主化され、個人投資家によりアクセスしやすくなると信じています。

Fink氏はThe Claman Countdownのインタビューで、「私たちが仮想通貨でやろうとしていることは、すべての仮想通貨を民主化し、投資家にとってはずっと安くすることです」と述べました。

「仮想通貨の入札スプレッドは非常に高額です。それによって収益がかなり減少します…。なぜなら、ビットコインの取引には現在多額の費用がかかり、それから脱出するのも多額の費用がかかるからです。したがって、私たちはこれらの提出書類を仮想通貨を民主化する方法として、私たちの規制当局が検討することを望んでおり、将来どのようになるか見守っているところです」と述べました。

この目標を達成するため、ブラックロックは先月、ビットコインに直接投資する上場投資信託(ETF)を設立するための書類を提出しました。

この発表に続いて、他のいくつかの投資発行体も同様の申請を急いで提出し、ビットコインの価格が3万ドルを超える急騰を引き起こしました。

この仮想通貨はすでに6月だけで12%の増加を記録し、年初から80%の驚異的な上昇を達成しています。

ブラックロックの申請は最近Nasdaqによって再提出され、新製品の市場監視にはCoinbaseが提供することが明示されています。

Fink氏は、証券取引委員会(SEC)の規制承認の重要性を強調し、スムーズなローンチを確保するために規制当局と緊密に連携したいと述べました。

「私たちはこれを機会と見ています。私たちは規制当局と緊密に連携しています」とFink氏は述べました。

Fink氏はまた、ビットコインが金融業界を革新する潜在力を評価し、「金をデジタル化する」ものと比較しました。

ビットコインに関連する不正行為への懸念から当初は懐疑的でしたが、Fink氏は現在、それを世界的な代替資産として見ています。

アナリストは、米国が近々スポットビットコインETFを承認すると信じています

証券会社Bernsteinは、SECが近々スポットビットコインETFを承認する強い可能性があると考えています。

Bernsteinの最新の調査レポートでは、SECは既に先物ベースのビットコインETFとレバレッジベースの先物ETFの承認を認めているため、このような製品を承認するための圧力が増していると述べています。

これらの承認の理由は、先物価格がCMEなどの規制された取引所から提供されるためです。

しかし、SECは、Coinbaseなどのスポット取引所の規制や価格操作の懸念から、スポットビットコインETFには慎重な姿勢を取っています。

数多くの申請が寄せられているにもかかわらず、SECはまだスポットビットコインETFの承認を行っていません。

ビットコインスポットETFの不在により、Grayscaleのビットコイン信託(GBTC)などの店頭取引(OTC)商品が拡大しています。

Bernsteinは、これらのOTC商品がETFと比較してより高価で流動性が低く、効率的ではないと指摘しています。