ブラックロックのCEOであるラリー・フィンクは、ビットコインの将来の価値を人間の自由に等しいと述べています

ブラックロックの最高経営責任者(CEO)であるラリー・フィンク氏は、ビットコインの将来の価値を人間の自由と同等だと表現しました

ラリー・フィンク氏が、人間の自由とビットコインの価値の相関関係について議論し、ブラックロックのビットコインETF申請がSECの承認を待つ中で意見を述べています。画像提供:Sundry Photographyさん、Adobe Stock

先週、ブラックロックのCEOであるラリー・フィンク氏は、バリュー投資家でありビットコインの愛好家でもあるマイク・アルフレッド氏との議論の中で、ビットコインに対する楽観的な見方を示しました。

フィンク氏によると、ビットコインの将来の価値は人間の自由の概念と密接に関連しています。彼の視点は、今年初めに行われたアメリカ証券取引委員会(SEC)へのブラックロックのビットコインETF申請に続いています。

深い関係:ビットコイン価格と人間の自由

アルフレッド氏との会話の中で、ラリー・フィンク氏はビットコインの将来的な価値について言及しました。ビットコインの価値がどれくらい高くなるか尋ねられた際、フィンク氏は「人間の自由の価値はどれくらいか?」と答えました。

この発言は単なる哲学的な思索ではありません。それはフィンク氏がビットコインに対する高い自信を示しており、特にSECが最近ビットコインETF発行者と建設的な議論を行っていることを受けています。

ビットコインの価値を人間の自由に結びつけることで、フィンク氏は仮想通貨のより広範な利用価値を示唆しているかもしれません。それは単なる投資手段やデジタルゴールドだけでなく、しばしば個人の利益に逆らう金融システムに対して個人を強力にするメカニズムとして機能する可能性があります。

彼のコメントは、ビットコインを単なる変動の激しい資産クラスとは見なしていないことを示しています。代わりに、それは適切な文脈で、伝統的な市場では珍しい金融的な自己決定を可能にするツールとなり得るということです。

ビットコインETFと規制上の議論

フィンク氏のコメントは、現在進行中のSECによるビットコインETFに関する対話と時期が合っています。

特に、バルクハナス氏とセイファート氏のBloombergアナリストは、最近の法廷判決がグレイスケールの申請を支持したことを重要な前例として、現物ビットコインETFの承認の可能性を90%に引き上げました。

また、マイク・ノヴォグラッツ氏キャシー・ウッド氏などの業界関係者も、今年中にビットコインETFの承認が得られる可能性が高いとの考えを表明しています。

さらに、JPMorganの報告書によれば、SECは次の数カ月以内に現物ビットコインETFを承認する可能性が高いとされています。この分析は、SECが最近のグレイスケールによる法廷判決に対して控訴しないとの決定を下したことで、ブラックロックなどの他の申請も承認に近づいたと指摘しています。

市場の反応:ビットコイン価格が好意的に動く

市場はビットコインとビットコインETFに対する全体的な楽観感を注視しているようです。 ビットコインの価格は注目すべき急上昇を経験し、3万1,000ドルに近づいています。過去24時間でビットコインは2.5%上昇し、過去1週間で10%以上急騰しました。現在の取引高は過去24時間で約50%増加しました。

ブラックロックのラリー・フィンク氏はビットコインに対する楽観的な見通しを持つだけでなく、好意的なチャートパターンや指標に支えられた市場も同様の感情を反映しているようです。