ビットレックスは、破産手続きの最中であるにもかかわらず、フロリダ州で執行措置に直面する可能性があります

フロリダ金融庁は、5月に破産保護を申請したアメリカの仮想通貨取引所Bittrexに対して対応を検討しています。

デラウェア地区の米国破産裁判所への7月5日の提出書によると、フロリダ金融庁(OFR)のアシスタントゼネラルカウンセルであるブランドン・グリーンバーグは、フロリダ法の遵守義務を怠ったとされるBittrexに関する情報を受け取ったと述べました。グリーンバーグによれば、OFRはBittrexに対して告訴するかどうかの「行政裁量権」を持っています。

米国証券取引委員会(SEC)は4月17日にBittrexに対してクレームを提出し、同取引所は4月30日にフロリダ州の送金業者ライセンスを返上し、5月8日に破産を申請しました。当時、OFRはBittrexがライセンスを返上しても「クレームの追求に影響を与えない」と述べ、同社が顧客の資産を運営資本とは別に分離せず、保証保険を維持せず、その他のクレーム(裁判所提出書から削除された)があったと主張しました。

関連記事: Bittrexは仮想通貨訴訟でSECの権限に異議を唱え、却下を求める

SECの執行措置、破産手続き、およびフロリダでの潜在的な訴訟は、Bittrexが4月に米国での運営を終了すると発表した後に起こりました。同社は国内の「継続的な規制上の不確実性」を理由に、6月15日に一部のユーザーがアカウントにアクセスして資金を引き出すことができると発表しました。

SECは4月にBittrex Globalに対して別の訴訟を提起しましたが、グローバル取引所は米国の取引所が直面する規制上の問題や財務上のトラブルにほとんど影響を受けていません。グローバル企業はリヒテンシュタインとバミューダで規制されています。

雑誌: 米国の執行機関が仮想通貨関連犯罪に対して圧力をかけている