『ビットスタンプ暗号通貨取引所、グローバル拡大のための資金調達を計画中:報道』

Bitstamp cryptocurrency exchange planning to raise funds for global expansion report

世界で最も長く続いている仮想通貨取引所の1つであるBitstampは、グローバルな拡大計画を進めるため、新たな資金調達を行う方向で進んでいると報じられています。

仮想通貨取引所Bitstampは、6月末に資金調達プロセスを開始し、Michael NovogratzのGalaxy Digital Holdingsがアドバイザーとして関与していると、Bloombergが8月7日に報じました。

同社は、調達した資本を2024年にヨーロッパでのデリバティブ取引の開始と、アジアのいくつかの市場の拡大に使用する予定です。また、Bitstampは英国でのサービスの拡大も検討していると報じられています。

BitstampのグローバルCEOであるJean-Baptiste Graftieaux氏は、同社が現在、小売および機関投資家向けのサービスを拡大するために資金調達に専念していると述べました。彼は以下のように付け加えました:

「Bitstampは売却の対象ではなく、会社を売却する意欲はありません」

仮想通貨取引所はCointelegraphのコメント依頼に即座に回答していません。

このニュースは、主要なブロックチェーン企業であるRippleが2023年第1四半期にBitstampの少数株を取得した数ヶ月後のものです。GalaxyのMichael Novogratzもこの取引のアドバイザーとして関与し、これは5月末に公に発表されました。

Bitstampがビジネスを拡大するための最新の取り組みは、2018年に韓国NXCの支援を受けたNXMHによる買収が発表された際に発表されたグローバルな拡大計画と一致しています。

当時、Bitstampの共同創設者であるNejc Kodrič氏は、「売却を考えていなかったし、資本調達の必要もなかった」と述べ、「投資を探していたわけではない」と主張しました。ただし、Kodrič氏はBitstampの株式のほとんどを現金化し、10%を保有し続けるとともにCEOの座に留まりました。

関連記事: Geminiは「暗号通貨の次の成長波」の一環としてアジア太平洋地域での拡大を計画

スロベニアで2011年に設立され、ルクセンブルクに拠点を置くBitstampは、かつてBitcoin(BTC)取引の主要な場として、当時主要なBitcoin取引所であるMt. Goxのオプションとして機能していました。CoinGeckoのデータによると、Bitstampは現在、24時間あたり約1億2700万ドルの取引高を誇る世界最大の仮想通貨取引所の1つです。

このニュースは、Bitstampがアメリカでのプラットフォーム上で一部の取引制限を発表する1日前に発表されました。2023年8月29日、BitstampはAxie Infinity(AXS)、Chiliz(CHZ)、Decentraland(MANA)、Polygon(MATIC)、NEAR Protocol(NEAR)、The Sandbox(SAND)、Solana(SOL)などのトークンの取引を一時停止します。同社は「最近の市場動向」を理由に挙げ、トークンの保有と引き出しには影響がないと述べています。

米国ユーザー向けの更新情報:2023年8月29日から、AXS、CHZ、MANA、MATIC、NEAR、SAND、SOLの取引は一時停止されます。オープントレードを実行してください。その後のトークンの保有と引き出しは影響を受けません。

— Bitstamp (@Bitstamp) August 8, 2023

6月には、Bitstampの英国支部が同国の金融行動監視機構(FCA)の登録企業リストに加わりました。

雑誌: Hall of Flame: Wolf Of All Streetsは、Bitcoinが100万ドルに達する世界について心配しています