韓国当局がBitsonicのCEOを750万ドルの盗難容疑で逮捕

BitsonicのCEOが韓国当局に750万ドルの盗難容疑で逮捕

韓国の地元ニュースメディアであるChosun Bizは、2023年8月7日(月曜日)に韓国警察がBitsonicのCEOであるJinwook Shinを逮捕したと報じました。Shin氏は、取引所のユーザーからの投資と預金を盗んだという告発の調査を受けていると報じられています。

CEOとともに、韓国当局はBitsonicの社長を前提調査なしで裁判にかける予定です。検察当局は、2019年1月から2021年5月の間に、Shin氏がBitsonicで暗示的に仮想通貨の価格や取引量を操作し、これによって取引所のユーザーから約100億ウォン(約750万ドル相当)を不正に横領したと主張しています。

流動性問題に直面し、出金を停止しているにもかかわらず、BitsonicのCEOは新規顧客に仮想通貨を提供し続けました。2021年に開始された調査は、同社の副社長であるA氏がShin氏が取引所システム内で保有している仮想通貨を取得するプログラムを運営していたというものです。この操作計画では、Shin氏はシンガポールに設立されたシェル企業を使用したとされています。

Bitsonicは2021年8月に事業を停止し、会社内外の課題を理由に挙げました。同時期に、韓国当局は詐欺活動のために国内の仮想通貨取引所11社を閉鎖しました。

韓国が新たなチームを発表し、仮想通貨犯罪に取り組む

2週間前、韓国は仮想通貨関連の犯罪に対処するための複数機関の調査チームを発表しました。これは違法行為の急増と投資家の法的保護の欠如に対応するためです。

仮想通貨犯罪の共同捜査センターは、司法、金融、税務、関税などさまざまな部門から約30人のメンバーを擁する予定です。検察庁によると、「仮想資産は既に株式に匹敵する投資商品ですが、法律や制度が未完成なため、市場参加者は実質的に法的保護から排除されています」と述べています。

検察庁は、仮想通貨市場はまだ法律で規制されていないとしながらも、彼らの調査チームが投資家を保護するために活動すると述べています。

韓国では過去5年間で、仮想通貨に関連する犯罪による被害が118%増加し、2022年には1.02兆ウォン(797.81百万ドル)に達しました。これらの犯罪には、価格操作、違法な外国為替取引、詐欺スキームなどさまざまなタイプが含まれます。

調査の焦点は、価格の大幅な変動がある仮想通貨や取引所から削除される仮想通貨に置かれます。チームは違法な取引慣行、脱税、外国為替の不正転送、犯罪的利益の隠蔽、マネーロンダリングなどを調査します。

韓国の仮想通貨市場はかつて世界で最も急成長していました。しかし、前年には国際的および国内の要因の組み合わせにより66%の価値が減少しました。これは投資家の信頼を大きく損ない、金利が上昇したことに加えています。

韓国の新しい仮想通貨規則

また、先月7月に韓国は透明性を促進するための新しい仮想通貨規則を可決しました。来年から、韓国の仮想通貨企業は財務報告書で保有する仮想通貨資産を開示する必要があります。

韓国の金融委員会(FSC)が7月11日に公表した草案規則では、仮想通貨企業に関する包括的な情報を収集することを目指しています。これには、企業の事業モデル、会計方法、保有している仮想通貨の量、収益、保有資産の時価などの詳細が含まれます。

韓国は依然としてアジア大陸で重要な仮想通貨市場の1つです。ただし、香港など他の地域も迅速に追いついています。したがって、韓国当局は急速に変化する仮想通貨の規制環境に対処する必要があります。韓国がどのように航海するか注目されます。