2025年には画期的なKosdaq IPOを目指すBithumb

「2025年、Bithumbは革新的なKosdaq IPOを目指します」

韓国の主要な暗号通貨取引所の1つであるBithumbは、韓国の株式市場で初めて上場することを目指していると報じられています。株式市場はKOSDAQで行われ、それはナスダックコンポジット(INDEXNASDAQ: .IXIC)の韓国版として知られています。

Bithumb IPO:野心的な動き

地元のニュースメディアエデイリーによる最新の報道によると、Bithumbは韓国株式市場で公開を果たす最初のデジタルアセット会社になることを目指しており、上場予定日は2025年の下半期とされています。

Bithumbはまだ公式にIPO計画を発表していませんが、情報筋によれば、取引所はその方向に向けて大きな進展を遂げています。Bithumbは潜在的なIPOのアンダーライターとしてサムスン証券を選んだと報じられており、会社が上場する前に企業の財務安定を確保する上で重要な役割を果たしています。しかし、Bithumbの戦略的アプローチの柔軟性を示すために、KOSPI市場を代替案として検討する余地もあります。

公開する決断は、現在85%のシェアを占めるUpbitとの激しい競争に対する対応策と見なされています。現在、取引量で2番目に大きな取引所であるBithumbは、リーダーシップの地位を回復する決意を示しています。

この動きは、Upbitの月間取引量が世界的な巨大企業であるCoinbase Global Inc(NASDAQ:COIN)およびBinanceを上回ったことにより、韓国の取引所がグローバルな暗号通貨市場でますます影響力を持つことを示しています。同社は、内部統制システムの外部検証を受け、ガバナンスと管理の透明性へのコミットメントを示すことにより、市場の信頼を取引所の運営に強化することを目指しています。

2014年に設立されたBithumbは、暗号通貨業界の主要プレーヤーに成長し、執筆時点で約6億ドルの24時間取引量を誇っています。これはCoinGeckoのデータによるものです。

BithumbのIPOへの道のりは困難を伴っています。BithumbとUpbitの両方が、地元の議員を代表して不正な暗号通貨取引を行っているという告発に関連して、韓国当局からの規制審議を受けました。

2月には、Bithumbの最大の株主の1人である姜正炫(Kang Jong-hyun)が横領の罪で逮捕されました。姜正炫に加えて、韓国当局はKang Ji-Yeonという彼の妹を含む他の2人のBithumb幹部の逮捕を求め、企業の法的な状況をさらに複雑にしました。

しかし、IPOの準備と並行して、Bithumbは企業の体制改善に取り組んでいます。最大の株主である元会長のイジュンフン(Lee Jung-hoon)は、Bithumb Holdingsを設立し、持株会社としての役割を果たしています。

Bithumbの歴史の中で重要な役割を果たしたイジュンフン氏は、理財責任の強化へのコミットメントを示すために取締役会に復帰しました。取締役会の役割を含む役職の再編成は、Bithumbが内部統合とガバナンス改革に対する献身を示しています。