「ビットゲット、香港での暗号通貨ライセンス計画を中止」

「ビットゲット、香港における暗号通貨ライセンス計画の中止を発表」

  • Bitgetは、12月13日までに香港ユニットの運営を停止することを発表しました。
  • 暗号通貨取引所は、この決定は「事業および市場に関連する考慮事項」によるものだと述べています。
  • ユーザーはそのまでに資金を引き出すことができます。

Bitgetは、香港の仮想資産取引プラットフォームの登録を追求しないことを発表しました。

暗号通貨取引所は、12月13日にすべての運営を停止する予定です。

Bitgetが香港ユニットを停止

Bitgetが香港ユニットの運営を停止し、ライセンスの追求を断念する決定を下したのは、同社がOSLとの潜在的な取引を模索している可能性があるとの噂が広まったためです。OSLは香港でライセンスを受けた最初の暗号通貨取引所です。

暗号ニュースアカウントのWu Blockchainによると、OSLは月曜日に株式取引の一時停止を発表しました。

OSLを所有するBCテクノロジーグループの通知によれば、これは「内部情報となる通知可能な取引」であるとのことです。

一方、Bitgetは「事業および市場に関連する考慮事項」を理由に挙げています。

暗号通貨取引所は、「残念ながら、事業および市場に関連する考慮事項により、香港での仮想資産取引プラットフォーム(VATP)ライセンスの追求を断念することをお知らせいたします。この決定により、BitgetXウェブサイト(www.BitgetX.hk)は2023年12月13日をもってその運営を停止します。同時に、Bitgetx.hkは香港市場から完全に撤退します。」と述べています。

プラットフォームによれば、ユーザーは示された締め切りまでに資産を引き出すことを勧められており、その後はBitgetX.hkのウェブサイトがオフラインになります。

発表のFAQセクションで、取引所は「締め切り前に資産を引き出すことが重要です。引き出しを行わない場合、BitgetXがクローズされた後にこれらの資産にアクセスできなくなります。」と述べています。

香港の新しい暗号通貨ライセンスフレームワーク

Bitgetは、今年4月に香港ユニットを発表し、顧客に対して現物取引とピアツーピア(P2P)取引へのアクセスを提供しました。これは香港の暗号通貨ライセンスフレームワークが6月に導入される前の動きでした。

新しい要件により、暗号通貨プロバイダーは小売顧客に対して取引サービスと商品を提供する前に、証券・先物取引委員会からライセンスを取得する必要があります。証券・先物取引委員会はまた、まだ登録されていない現地の事業部を指し示すことで顧客を誤解させることに対して暗号通貨企業に警告を出しました。