Bitgetは、最大で14億4,000万ドルの資金を確保し、負債ゼロを主張しています

Bitgetは、14億4,000万ドルの資金を確保し、負債ゼロを主張しています

仮想通貨取引所Bitgetは、総準備率が223%に達したと発表しました。2021年7月13日の発表によれば、Bitgetの総準備は現在、31種類の異なる仮想通貨資産に分散しており、総額14.4億ドルになります。ビットコイン(BTC)、テザー(USDT)、イーサリアム(ETH)、USD Coin(USDC)の準備率は、それぞれ454%、135%、171%、2,604%です。

Bitgetの役員はCointelegraphとのインタビューで、取引や投資において「債務やユーザーの資金に依存せずに運営している」と述べ、同社は「債務ゼロであることに誇りを持っている」と語りました。同社は以下のように述べています:

「Bitgetは未払債務や負債を抱えておらず、最近倒産した企業の債権者にもなっていません。」

一部のコインに対する高い担保について尋ねられた際、取引所はその資金は取引手数料を通じた利益、投資および買収から得られていると説明しました。取引所はユーザーのための外部保険を持っていませんが、役員は第三者の保険よりも優れた機能を持つ3億ドルのユーザー保護基金を運営していると主張しています:

「これにより、外部の官僚主義や政策変更に依存することなく、効率的にユーザーの資産をカバーすることができます。」

まだ規制上の要件ではありませんが、Bitgetは資産と準備金を検証するために、第三者の監査人とのパートナーシップを増やすことを目指しています。取引所は毎月、準備率を更新しています。

準備率は、仮想通貨取引所FTXの崩壊後に取引所の資産情報を広報する手段として人気を集めていますが、専門家はその効果について警告しています。シラキュース大学の法学教授であるジャック・グレイブス氏は以前、「ブロックチェーン上で仮想通貨取引所の資産の量を監査することはできますが、それが担保として差し押さえられている割合はどれくらいですか?それは、彼らの金融サービス、帳簿、記録にアクセスできない限り、かなり難しいです。」と警告しました。

この記事をNFTとして収集し、歴史の一瞬を保存し、クリプトスペースにおける独立したジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌:FTXの崩壊後、仮想通貨取引所に信頼できますか?