Bitfinexは、ベネズエラ、アルゼンチン、コロンビアでP2Pプラットフォームを開始しました

  • Bitfinex P2Pは、Bitcoin、Ethereum、およびTetherトークンUSDtおよびEURtの買い物と売り物をサポートします。
  • 同社は、ラテンアメリカ全域での金融の自由と包含を強化することを目指しています。
  • Bitfinexは、5月にチリの暗号通貨銀行OrionXに投資を完了しました。

主要なデジタル資産取引プラットフォームの1つであるBitfinexは、地域に金融の自由と包括性をもたらすために、ラテンアメリカでのさらなる進出を図っています。

最新のBitfinexニュースによると、同社は、ベネズエラ、コロンビア、アルゼンチンのユーザー向けに、ピアツーピア(P2P)プラットフォームのローンチを発表しました。

Bitfinex P2PはBTC、ETH、およびTetherをサポート

「Bitfinex P2P」と名付けられたこのプラットフォームは、3つの国の人々に、Bitcoin(BTC)およびEther(ETH)を直接購入および販売する手段を提供します。Bitfinex P2Pのユーザーは、Tetherトークン(USDtおよびEURt)およびTether Gold(XAUt)にもアクセスできます。

プラットフォームは、プレスリリースで詳細が発表されたように、デジタルトークンの交換も許可します。

BitfinexのCTOであるPaolo Ardoinoは次のように述べています。

「P2Pトークン取引の信頼性と効率性を提供することにより、顧客が最大限の便利さに基づいてマーケットプレイスと関わることができるようになります。私たちは、Bitcoinや他のデジタル資産の変革的な力、および世界中で革新的な金融技術へのより大きなアクセスの重要性を信じています。」

BitfinexのP2P市場への参入は、LocalBitcoinsとPaxfulの2つの主要なP2Pマーケットプレイスがオペレーションを停止した後、暗号通貨ユーザーにとって歓迎すべきニュースとなるでしょう。また、Bitfinexは5月にチリの「暗号通貨銀行」OrionXに投資した後の拡大です。