「ビットコインの持続可能なエネルギーミックスは50%以上、炭素フットプリントは他の産業と比較して優れている:ブルームバーグのレポート」

Bitcoin's sustainable energy mix exceeds 50% and its carbon footprint is superior compared to other industries Bloomberg report.

Pixabay

これまでの間、ビットコイン(BTC)のエネルギー消費データはいくつかの四半期にわたって深刻な懸念材料でしたが、持続可能性への関心が高まってきています。

Bloombergの新たなレポートでは、ビットコインの持続可能なエネルギーミックスが50%以上であることから、過去2年間のいくつかの産業よりもより良い気候成長率を示しています。

アナリストのジェイミー・カウツは、ハッシュレートの上昇と炭素フットプリントの相対的な低減が機関投資の次のフェーズをもたらす可能性があると説明しています。

「ビットコインは、世界的な通貨ネットワークとしてスケーリングしながら、その炭素影響は低下しています。このような成果を上げることができる産業はほとんどありません。」

2022年のケンブリッジ大学のビットコインのエネルギー消費に関するデータ以来、アナリストたちは化石燃料への依存が数か月で37%から57%以上に跳ね上がったことを主張しており、エネルギー効率化にさらなる資金が流入していることを示しています。

気候活動家のダニエル・バットンは、ビットコインが今後数年で炭素中立になると予測する多くの人々に加わりました。

「2030年までに、ビットコインネットワークは大気中から排出されるエミッションの10倍以上を軽減すると予想されており、これは驚異的な達成です。」

ビットコインの排出に関する事例

Bloombergのアナリストは、エネルギー使用量の大幅な減少を結論づけるために、状況を簡潔に評価しました。

彼らは、中国とカザフスタンでのマイニング禁止により、ビットコインのエネルギー密度が600から295.5グラムのCO2/KWHに減少したと主張しています。

提起された主要なポイントは、エネルギー密度の伝統的な計算方法と新しい計算方法です。もし時価総額に基づいて計測すると、エミッションはまだ低いです。

BTCの価格は63,000ドルの史上最高値から60%下落していますが、ネットワーク価値は335%増加し、ハッシュレートは286%上昇しました。データによると、ビットコインのエミッションは市場キャピタリゼーションあたりのドルで75%減少しました。

「概要

ネットワークの成長は5年前の期間に比べて鈍化しているかもしれませんが、依然として堅調です。ほとんどのKPIの5年間のCAGRは二桁です。

そして、メトカーフの法則のネットワーク効果が続く限り、新たな採用者と相互接続はネットワーク価値に指数的な(線形ではない)影響を与えます。」

全く新しい経済

ビットコインのマイニングコストの上昇は、マイナーにとって負担となり、資産の売却、マイニング予備の売却、そしてハイエンドコンピューティングへの完全な転換をもたらしました。

その結果、マイナーはより安価なエネルギー源を探し、化石燃料への依存を減らし、機関投資のための新しい経済を推進しています。

「最も安価なエネルギー源を獲得するインセンティブは、ネットワークのハッシュレートの上昇と同時に、業界のエミッションまたは炭素密度の低減に貢献しています。」

これにより、太陽光や風力で動くグリーンな暗号通貨鉱山が次々と生まれ、億単位の資金がエコシステムに流入し続けています。