「ビットコインの役割が、ロシア・ウクライナ紛争においてワシントンDCで注目される」

Bitcoin's role in the Russia-Ukraine conflict is attracting attention in Washington DC.

ビットコイン政策研究所(Bitcoin Policy Institute)は、Cornell Brooks Tech Policy Instituteとの共同で、「デジタル通貨と戦略的競争」をテーマにした高レベルのパネルディスカッションを開催する予定です。このイベントは、デジタル通貨の役割に関する継続的な議論において重要な瞬間となることが予想されており、9月27日(水曜日)午後12時から1時30分(EDT)まで、名門のナショナルプレスクラブで開催されます。

このディスカッションでは、制裁回避や金融支援におけるデジタル通貨の使用、デジタル通貨が米中の技術産業競争に及ぼす影響、米国における中央銀行デジタル通貨(CBDC)によるセキュリティ上の懸念など、重要なトピックについて掘り下げます。

ディスカッションの中心的なテーマの1つは、最近のロシア・ウクライナの紛争であり、これを背景に制裁と金融支援におけるデジタル通貨の役割を検証します。この部分の会話は、地政学的な紛争の文脈で国家がビットコインやデジタル通貨をどのように利用しているかについての洞察を提供します。

さらに、パネルディスカッションではデジタル通貨が世界のダイナミクスに与える広範な影響についても取り上げます。コーネル大学のテックポリシー研究所の教授であり、ビットコイン政策研究所の上級フェローでもあるサラ・クレプス氏がパネルに参加し、自身の専門知識を提供します。また、Krebs Stamos Groupのインテリジェンスディレクターであり、ビットコイン政策研究所の国家安全保障フェローでもあるマシュー・パインズ氏は、国家安全保障の視点からの洞察を提供します。

ブルッキングス研究所の人工知能と新興技術イニシアティブのディレクターであるクリス・メセロール氏は、デジタル権威主義と活動主義の相互作用を検証し、権威主義政府が採用する戦術と反体制派が採用する対抗策に光を当てることで、ディスカッションに貢献します。

ディスカッションは、ブルームバーグの著名な国家安全保障記者であるダニエル・フラトリー氏がモデレーターを務め、専門家パネリスト間で構造化された情報交換が行われることを保証します。

ビットコイン政策研究所の共同設立者であるデイビッド・ゼル氏は、このイベントの重要性を強調し、「ビットコインやデジタル通貨が世界の舞台で果たす役割について、私たちは重要な時点に立っています。このパネルは、地政学から草の根の活動主義まで、新興通貨ネットワークが力のバランスを形成している方法に光を当てることを目指しています。」と述べました。

このイベントは一般公開されており、参加者は対面での参加とBitcoin MagazineのYouTubeでのライブストリーム視聴の両方のオプションがあります。参加を希望する方は、イベントページで登録することをお勧めします。

メディアのお問い合わせと追加情報については、[email protected]までDavid Zell氏にお問い合わせください。このパネルディスカッションは、戦略的競争とグローバル政治の領域におけるデジタル通貨の進化する役割についての重要な洞察を提供することを約束します。