「ビットコイン価格が42,000ドルを超えると、メガブルランのスタートかもしれません」

「42,000ドルを上回ると、メガブルランの始まりかもしれません」

12月4日(月曜日)、世界最大の暗号通貨であるビットコイン(BTC)が急騰し、42000ドルを突破しました。ビットコインに対する最近の好感は、2024年1月初旬にビットコインETFの承認が期待されていることに起因しています。

42000ドルを超えるビットコインの急騰は、新たな暗号通貨のスーパーサイクルの始まりと見なされ、熱狂的な支持者たちはそれが50万ドルを超える可能性を予測しています。ビットコインは利益を3ヶ月連続で記録し、12月には11%上昇しました。

2023年に予想外の復活を遂げ、150%以上の増加を遂げたのは、米国でのビットコイン上場投資信託の承認が期待されているためです。CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングは、ビットコインが西洋文明の延長に重要な役割を果たす可能性さえ示唆しています。ビットコインの将来に関する予測は、5万ドルから53万ドル以上までさまざまです。Bloombergが報じています。

火曜日のビットコインの好感も、Coinbase Global Inc(NASDAQ:COIN)、MicroStrategy Inc(NASDAQ:MSTR)、およびMarathon Digital Holdings Inc(NASDAQ:MARA)などの様々な仮想通貨関連株にも影響を与えました。

特に、Coinbaseの株価は月曜日に5.5%の急騰を見せ、金曜日に記録した7.3%の上昇を踏まえて更に上昇しました。特に、COIN株は年初以来299%急騰しました。

ビットコインにかなりの投資をしている企業であるMicroStrategyも、月曜日に6.7%の上昇を経験し、2023年全体で約298%の利益を上げました。マイニング部門でも強さが見られ、Marathon Digitalは月曜日に8.5%急騰し、競合のRiot Platforms Inc(NASDAQ:RIOT)は10.2%とより大きな上昇を見ました。

株式からのビットコインの切り離し

ビットコイン価格が19か月ぶりの高値を記録する中、株式との関連性が大幅に低下しています。ビットコインは月曜日に5.8%上昇し、42000ドルを超え、火曜日のアジア取引でも高値を保っています。この上昇は、今週のグローバル株式と債券の下落とは対照的です。

分析家は、暗号通貨と伝統的な資産の間の相関関係が低いことを指摘し、米国が最初の即時ビットコイン上場投資信託を承認することの期待などを挙げています。ビットコインと株式の相関関係は2023年に低下し、90日の相関係数は株式に対して0.60から0.18に、金に対しては0.36からほぼゼロになりました。これは暗号通貨と伝統的な金融資産の間の関係性が変化していることを示しています。

Bitcoin Price Moving Past $42,000 Could Be Start of Mega Bull Run

APACのキーロックのビジネス開発責任者であるジャスティン・ダネサンは、CMEビットコイン先物契約の現在のプレミアムが、機関投資家の関与が高まっていることの追加の指標となっていると強調しています。

ダネサンは次のように語りました:

「CME契約における未来のプレミアムが健全だと指摘することができますが、これはいくつかの大手の洗練されたプレイヤーがBTCへの関与を望んでいることを示しています。」

この観察結果は、機関投資家の暗号通貨市場への関心と参加の増加を裏付けています。