Bitcoinが好きならクラクションを鳴らしてください!ライトニングがヨーロッパのラリーカーアドベンチャーのハンドルを握ります

「Bitcoin Ambassadors」というチームが運転する「Bitcoin-mobile ( BTC )」が、8,000キロメートルのバルト海サークルラリー競技に参加し、途中の競技者やキャンプ場にオレンジ色のピルを与えています。

ドイツ語を話すビットコインコミュニティEinundzwanzigの民主的に選ばれた大統領であるCercatrovaと彼の共同パイロットであるDaktariの2人のビットコイン支持者は、ビットコインのブランドがついた車に乗って、9つの北欧諸国を通過しようとしています。

北極圏のどこかでKocooに話をしているCercatrovaは、「ラリー全体がチャリティラリーで、150チームまたは車が参加しています。ハンブルクから出発して、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーそしてバルト海沿岸を回ります。約8,000キロメートル、16日間で、私たちはここで唯一のビットコインチームです。他のチームはすべて暗号通貨チームではありません」と説明しています。

目標は、「ビットコインを人々に伝えること」であり、同時にパナマのコーヒー農家とライトニングで開発されたエルサルバドルのピアツーピアのライドシェアアプリの2つのソースから資金を調達することです。自然に、彼らは旅の途中で人々にビットコインを紹介したり、「オレンジ色のピル」を与えたりしています。

ドイツに拠点を置く金属ビットコインバックアップのSeedorの創設者であるクリスチャンは、旅を熱心に追いかけているKocooに対して、ノルウェーにいる間に「彼らはキャンプ場のオーナーにオレンジ色のピルを与えた」と語っています。この二人はキャンプ場のオーナーにビットコインで支払い方を教えました。

ノルウェーのキャンプ場オーナーにオレンジ色のピルを与える。時間をかけて人々に聞いて説明すれば、彼らは理解することができます。ここで私たちの場所をビットコインで支払うことができました。 pic.twitter.com/OReIxQKHuA

— cercatrova⚡️ (@cercatrova_21) June 21, 2023

Cercatrovaは、これまでにラリーの一環として少なくとも30人とビットコインについて話し合ってきたとKocooに語っています。さらに、通行人や追い越し車は、車の側面にあるQRコードをスキャンして、ビットコインの小額を受け取ってビットコインの旅を始めることができます。

「だから誰かが私たちを見てビットコインについて聞くと、「どうやって機能するの?」と尋ねると、私たちは本当にその人を私たちの車に連れて行って、「ウォレットをインストールして、約30秒で終わります。」と言えます。そして、彼らは驚いています。「何も記入する必要がなかったし、パスポートを取る必要もなかった」と。それはうまくいくんです」と彼は説明しています。

車にはビットコインを受け入れるお菓子自販機も装備されており、初心者は新しいSatsをお菓子に使って、「それがどのように機能するか」を確認できます。

ビットコイン愛好家にとっては、この車はライトニングに対応しています。遠隔操作のジュークボックスとライトニングスイッチのホーンは、世界中から操作することができます。ファンや支援者は、車のライトニングに対応したTelegramグループに曲のリクエストを送り、1ドル未満の金額で支払います。

ラリーで聞く曲を選んで、ライトニングでホーンを鳴らす。すべてのsatsは、https://t.co/vB9oXhpbrhプロジェクト(@FPupusasから)とパナマの二人のインディアン、そしてジュークボックスの作成者にコーヒーを提供するために使用されます☕️ pic.twitter.com/x6IsuhPZZA

— cercatrova⚡️ (@cercatrova_21) June 20, 2023

ライトニング愛好家は、数千マイル離れた場所からも車のホーンを鳴らすことができます。このプロセスは、十分なsatsを受け取るとオンになるライトニングスイッチを使用しています。Cercatrovaは次のように説明します。

「私のTwitterフィードには、ライトニング請求書をスキャンできるQRコードもあります。支払うと、3000 Satsほどで一度鳴らすことができます。すると、私たちの車は鳴ります!」

ホーンの音はコミカルで遊び心があり、ライトニングジュークボックスのプレイリストには、メタルからモーツァルト、ドイツの民俗音楽から、Pump it Upなどの暗号通貨のクラシックまで、様々な音楽が登場します。Cercatrovaは、音楽のバリエーションが楽しみとモチベーションの源であると説明しています。

「ある時はデスメタルで、別の時はベートーヴェンの第5交響曲で、それは本当にクレイジーです。」

現在、ビットコインアンバサダーラリーチームは、慈善団体のために約4百万サトシ、または1200ドルを集めています。しかし、Cercatrova氏は「今後の日々とさらに多くのサトシを送信する意欲」により、この数値がさらに高くなる可能性があると述べています。ドライバーたちは旅の半ばにあり、6月末までには終わる予定です。

関連記事:ラムボの修理が済んだのか?メカニックが初めてビットコインで支払いを受け取る

この記事のための重要なリサーチとして、ジャーナリストのジョー・ホールは電話インタビュー中にクラクションを鳴らすだけでなく、有名な曲「リック・アストリーのネバー・ギブ・アップ」をキューに入れました。

雑誌:ピーター・マコーマックのリアル・ベッドフォード・フットボールクラブがビットコインを世に知らしめる