ビットコインマイナーは、取引所に史上最高の1億2800万ドルを送信しました

ビットコイン(BTC)マイナーは、集中型の仮想通貨取引所にBTCを過去最高額で送っています。

オンチェーン分析プラットフォームのGlassnodeは、6月27日のツイートで、ビットコインマイナーが取引所に送った収益が過去最高に達したと報告しました。

Glassnodeは、ビットコインマイナーから過去1週間で1億2,800万ドルを超える記録的な金額が取引所に送られていることを指摘しました。これは彼らの日次収益の315%に相当し、現在「非常に高い取引所間のやり取り」が行われていると述べています。

2021年のブルラン中には、マイナーが利益を得るために取引所に送った収益がいくつかの急上昇を見せました。また、市場がサイクルの底を打った2022年末には降参の流入もありました。

しかし、今回の急上昇はこれらすべてを大幅に上回っています。

通常、マイナーがBTCの利益を取引所に送るときは、経費を賄い利益を得るための準備をするためです。

先週はそのための良いタイミングでした。BTCは6月24日に3万1,185ドルという今年最高値に達しました。

当時、CryptoQuantの共同創設者兼CEOであるキ・ヨンジュは、現在の株価収益率が「マイナーにとって魅力的な価格」であるとの感想を述べました。

しかし、現時点ではビットコインの価格はまだ影響を受けておらず、出版時点で30,000ドルのしきい値をわずかに上回っています。

それにもかかわらず、現在の31,000ドルの価格帯はBTCにとって重要な抵抗レベルであり、4月中旬と6月下旬にそれを突破できなかった市場が再び失敗した場合、将来的な損失が予想されます、特にマイナーが流動化を始めた場合は。

ビットコインマイニングの収益性、またはハッシュレートは、BTC価格の上昇により先週わずかに増加しました。HashrateIndexによると、現在の1日あたりのハッシュレートは0.076 TH/s(テラハッシュ/秒)です。

関連記事:Riot Platforms、2024年の半減期前に3万3,000台のビットコインマイナーを追加予定

ビットコインの価格は今年初めから88%以上上昇しているにもかかわらず、マイナーはまだ厳しい課題に直面しています。収益性は昨年7月以来30%以上減少し、2021年のブルマーケットのピークから80%以上減少しています。

377 EH/sというほぼ過去最高のハッシュレートと難易度のピークレベルに加え、ビットコインマイナーはまだ困難な戦いを強いられています。

増加するハッシュレートと難易度、さらに高騰するエネルギー価格は、マイニングの収益性に下方圧力をかけています。これは、辛くも得たビットコインを売却することが経費を賄うための不快な必要性となる可能性があります。

雑誌:ビットコインは「ネットゼロ」の約束と衝突する道を進んでいる