BitcoinマイナーのCleanSparkが、4050万ドルで12,500台のBitmainマシンを購入

CleanSpark(CLSK)は、市場の低迷期における一連の購入の最新例として、さらに12,500台のビットコインマイニングリグを4,050万ドルで購入したと、木曜日に発表されたプレスリリースで述べています。

これらのマシンは、CleanSparkのオペレーションに1.76エクサハッシュ/秒(EH/s)の計算能力、またはハッシュレートを追加し、同社の2023年末の目標である16 EH/sに近づけます。4月末時点で、同社のハッシュレートは6.7 EH/sでした。

最初の6,000台のBitmain Antminer S19 XPマシンは6月にメーカーから出荷され、残りは8月に出荷される予定です。

CleanSparkは、大手マイニング企業の破産宣告や再構築が相次いだ暗号通貨の熊市で、苦境に立たされたマイナーから資産を買収しています。例えば、4月には、同社はハッシュレートを倍増するだけの45,000台のAntminer S19 XPを購入し、2月には、25%の割引率で20,000台のリグを取得しました。

これらのマシンは、5月31日時点で効率が25 J/TH以下のモデルの市場レートが23.27ドル/THであるのに対し、マイニングサービス企業Luxor Technologiesによると、1 THあたり23ドルで購入されました。ただし、CleanSparkが購入したS19 XPは、効率が21.5 J/THであり、市場価格はLuxorが引用している価格よりも高い可能性があります。Compass Miningは、このモデルの価格を1 THあたり37ドルとしています。

詳細はこちら: Bitcoin Mining Earnings Wrap: Marathon Shares Underperform After New SEC Subpoena

訂正(6月1日14:00 UTC): Luxor Technologiesのマシン価格に関するデータを明確化し、Compassからのデータポイントを追加しました。

Stephen Alpherによる編集。