「円の変動が激化する中、日本でのビットコイン取引が増加」

Bitcoin trading in Japan is increasing amidst intensified fluctuations in the yen.

2022年3月、連邦準備制度(Fed)が積極的な利上げキャンペーンを開始して以来、日本円は急激に下落し、記録的な為替相場の乱高下を記録しています。

このボラティリティにより、日本に焦点を当てたデジタル資産取引所のトレーダーは、市場価値において世界トップの仮想通貨であるビットコイン(BTC)に注目し始めており、これは伝統的な金融に対するヘッジとして広く紹介されています。

パリ拠点のKaikoが追跡したデータによると、日本の取引所でのビットコインの取引量の割合は、今年の上半期に69%から80%に上昇しました。日本の取引所での総取引高は6月に40億ドルで、年初から60%の増加となっています。

また、ビットコインと日本円(BTC/JPY)のペアがビットコインと法定通貨のトレードペアの総取引量に占める割合も、今年に入って4%から11%に増加しました。

「これは日本市場での需要の上昇を示しています」とKaikoの研究アナリスト、デシスラヴァ・オーベルトはメールで述べています。Kaikoの日本の総合データは、Bitflyer、Coincheck、Bitbank、Quoine、Zaifからのデータを反映しています。

ビットコインは一般的にデジタルゴールドと見なされ、伝統的な金融や法定通貨に対するヘッジとされています。これらは内在的な価値や固定価値を持たず、具体的な資産に裏付けられていないと言われています。インフレや法定通貨の乱高下に悩む国々の市民は以前からデジタル資産を受け入れてきました。

ビットコインは今年、30,000ドル以上に急騰し、日本の取引所ではプレミアムで取引されています。

「日本市場では、今年の間に平均で0.5%から1.25%の範囲でビットコインがプレミアムで取引されました」とKaikoの研究アナリスト、デシスラヴァ・オーベルトはメールで述べています。

日本円は今年、米ドルに対して6.3%の下落を記録し、前年に続く14%近い下落を拡大しています。連邦準備制度と日本銀行の異なる金融政策の道筋により、日本円の下落は主に引き起こされました。日本銀行はグローバルな緊縮環境の中で引き続き緩和姿勢を維持しています。

Volumes have picked up on Japanese exchanges. (Kaiko) (Kaiko)

このグラフは、日本に焦点を当てた取引所の取引活動が、韓国の市場やナスダック上場のCoinbase取引所よりも速く回復していることを示しています。

このトレンドは続く可能性があります。なぜなら、日本は既に規制の枠組みを持っており、一方でアメリカでは当局はまだ業界の監視のために執行に頼っているためです。先月、日本は投資家保護のための画期的なステーブルコイン法案を可決しました。

日本円のボラティリティは、来週日本銀行が政策に対する鷹派的な微調整を発表する可能性があるため、おそらく持続するでしょう。

最後に、考えられないことが起こっています – 日本のインフレが上昇し、エネルギー成分を除いた主要指標が最近40年ぶりの高水準に達しました。長年の慢性的なデフレーションの後に高まるインフレは、ビットコインなどの代替資産への需要がさらに強まる可能性があります。

編集:パリクシット・ミシュラ