ビットコインは欧州の課題に対抗するために戦う-ノーザン・ライトニングの創設者

ヨーロッパのビットコイン(BTC)コミュニティは、大陸に影響を与える社会問題に対処するための声として、ポッドキャストホストのErik Daleによって継続的に育成されていると言えます。

ヨーロッパ中でビットコインイベントを開催するNorthern Lightningカンファレンスの創設者兼CEOであるDale氏は、大陸のビットコインコミュニティが、継続的な紛争や社会問題に対処する上で必要不可欠な理念を育成していると信じています。

チェコ共和国のBTC Prague 2023でKocooジャーナリストのJoe Hall氏に語ったDale氏は、ビットコインが大陸での社会的、経済的な不正義に対抗するための独自の立場を持っていると強調しました。というのも、ビットコインの主要な仮想通貨として、多くのスタートアップや企業が様々なツールを構築しているからです。

「ヨーロッパは戦争、移民、政府の過剰介入という課題に直面している大陸であり、多くの人々がビットコインを出口、脱出手段として見ていますが、私はここにいてビットコインもまた、声であると言いたいと思います。」

Dale氏は、ヨーロッパ全域のビットコインコミュニティが将来の大陸の発展に影響を与える「アイデアのエコシステム」を構築していると信じています。

関連記事:ビットコインは証明書明記型ブロックチェーンプロトコルのセキュリティを確保するのにどう役立つか

ウクライナ・ロシア紛争が続く中、ビットコインの朝食ポッドキャストホストにとって、戦争は依然として懸念事項です。国家間が互いに戦いを続ける中、ビットコイン支持者たちは分散型金融ツールの採用を訴えるためにも大きな戦いを続けています。

「私は、ビットコインによる分散化の戦いが異なるわけではないと思います。類似点があると考えています。宗教戦争や内戦を引き起こした、揺らがない妥協点を探るための不安定な折衝を見ることができるでしょう。」

Dale氏は、ビットコインが新しい平和的な通貨革命の一部となり、チェコ共和国が過去にナチズムや共産主義と戦った経験からインスピレーションを得ることを望んでいます。

「チェコでは、プラハのビロード革命が行われ、私たちは、フィアット通貨や共産主義のような、根深く腐敗したシステムを平和的に打ち破ることができることを示しました。」

暗号通貨市場の規制は、過去2年間にわたってヨーロッパで大きな話題となっており、欧州連合は業界のための包括的な規制枠組みの開発を進めるために取り組んでいます。

暗号資産市場法は2024年に発効予定であり、仮想通貨取引所やエコシステム参加者が大陸で暗号通貨を使用して取引するために必要とされる様々な要件を導入する予定です。

関連記事:ビットコインは「ネットゼロ」の約束と衝突する道を進む