オプションの満期後、ビットコインは31,000ドル近くで安定し、主要なアメリカのインフレデータに先立ちドル指数が上昇する

ビットコイン(BTC)とイーサ(ETH)は最近の価格範囲内で取引が続きました。四半期オプションの満期とドル指数の強さが投資家たちを動揺させることはありませんでした。

UTC 08:00時点で、世界最大の暗号通貨オプション取引所であるDeribitで、約150,000件のBTCオプション契約(約45億ドル相当)と約1.2百万件のイーサオプション契約(23億ドル相当)が満期を迎えました。Deribitは世界の暗号通貨オプション取引の85%以上を独占しています。

この満期は重要なものであり、BTCオプションの市場メーカーは「ロングガンマ」であり、ヘッジ活動により現物価格の変動に寄与する可能性がありました。しかし、最大の市場価値を持つ暗号通貨は、解決までの数日間、$30,000から$31,000の狭い範囲内で平穏に取引され、その後も狭い範囲に閉じ込められたままであり、Kocooのデータによれば、UTC 10:40時点の時価は$30,700で、日中1%の上昇となりました。

6月のビットコインオプションの「マックスペインポイント」は$26,500でした。これはオプションの買い手が満期時に最も多くの損失を被るレベルです。

一般的な理論では、満期前に価格が磁石のように振る舞い、オプションの売り手(通常は大口取引者)が買い手に最大の損失を与えるためにそのレベルに価格を押し上げようとするとされています。2020年後半から2021年初めのブルマーケットでは、ビットコインは満期直前にマックスペインポイントに集中し、解決後に上昇を再開しました。

満期が終了したことで、磁石はなくなりました。したがって、他の要因が変化しない限り、暗号通貨は上昇を再開する可能性があります。

「満期後の価格への影響が大幅に低下した$26.5KのBTCマックスペインは、満期後の価格への下向き圧力を緩和する可能性があります」と、Deribitの最高商業責任者であるルーク・ストライヤーズ氏は述べています。

イーサの6月満期オプションのマックスペインポイントは$1,700でした。イーサリアムのネイティブトークンは現在約$1,900で取引され、1週間ぶりの最大の上昇率で2%の上昇を記録しました。

コアPCEに先立つドルの上昇

ドル指数(DXY)は、ユーロを含む主要な相手通貨に対する米国通貨の価値を追跡する指標で、プレスタイム時点で2週間ぶりの103.50の高値を記録し、経済データの上向き発表による2日連続の上昇トレンドを延長しました。特に、先週発表された週次の失業保険申請件数は、20か月ぶりの最大の減少を示しました。

金曜日のUTC 12:30には、米国経済分析局が連邦準備制度が好む物価圧力の指標であるコア個人消費支出物価指数(コアPCEデフレーター)を発表します。

このデータは、インフレの核心要素が頑固に残っていることを示し、米国の長期金利引き上げの可能性を強め、ドルの強さを後押しするでしょう。

FactSetが行った経済学者の調査とBarron’sによると、5月のコアPCE指数は前月の0.38%上昇に続いて、月次で0.4%上昇したと予想されています。年間での上昇率は前月と変わらず4.7%と予測されています。

DXYの上昇によって通常、世界中で金融引き締めと市場でのリスク回避が引き起こされます。しかし、ビットコインの損失は今回は限定的かつ短期間であり、最近のブラックロック、インベスコ、ファイデリティによる現物ビットコインETFの提出によって暗号通貨市場のセンチメントが高まっているためです。

トレーダーたちは、コアPCEの読み取りと同時に公表される米国の個人消費支出と所得の数字からもヒントを得ることができます。

シェルドン・リバックによる編集。