ビットコインが反撃を始めると、爬虫類の技術信号が示しています

リプティリアンのテクニカルシグナルがビットコインに戻ってきており、このツールの動作によれば、新たな上昇トレンドが始まっています。

以下の1週間BTCUSDウィリアムズ・アリゲーターを詳しく見て、仮想通貨市場の王に関して言っていることを学びましょう。

バイバイクリプトベアマーケット。アリゲーターが言うには、また会いましょう

ビットコイン価格が3万ドルを超え、最近の上昇がトレンドの変化をもたらした可能性があります。それは、1週間ウィリアムズ・アリゲーターが「口を開けて食事を始めた」ことによるものです。

ウィリアムズ・アリゲーターは、5、8、13期間のスムーズ化移動平均を3つ組み合わせたものです。これらの平均は、作成者のビル・ウィリアムズがそれぞれゲイターの「唇」「歯」「顎」と呼んでいます。

3つの移動平均が上向きであり、唇が歯と顎の上にある場合、資産がトレンドしていることを示唆しています。したがって、以下のチャートは、ビットコインが再び上昇トレンドにあることを示唆しています。

アリゲーターはBTCに飢えている | BTCUSD/NDX on TradingView.com

画像が示すように、ビットコインがテクニカルツールとタイムフレームに基づいてトレンドを開始すると、クライマックスまで継続します。その時点で、アリゲーターは満足し、「眠り」を始めます。

最近のマクロ環境や規制の圧力などから、投資家はまだ仮想通貨市場のことを考えていないかもしれません。しかし、ウィリアムズ・アリゲーターを正しく読むと、アリゲーターが目を覚まし、上昇トレンドがここにあることを示唆しています。

過去の3つの大きな上昇トレンドを調べると、現在のものは2020年のラリーに最も似ています。2019年のアリゲーターの食事はピークまで50日続きました。2021年では75日間でした。しかし、2020年の大きなラリーは完全な反転まで350日続きました。

今のところ、アリゲーターは125日前から食べ始めており、2019年と2021年を合わせた期間を上回っています。しかし、2020年のラリーほど強力な場合、まだ半分も終わっていません。ウィリアムズ・アリゲーターはいつまでBTCに飢え続けるのでしょうか?

1Wウィリアムズ・アリゲーター 🐊 は、より高い #Bitcoin を求めて飢えています

トレンドに従って口を開けて食事を始めました

5、8、13(フィボナッチ数)期間のスムーズ化移動平均が交差し、下向きに転換すると食事が終わります

食べるか食べられるか pic.twitter.com/V12PykySYr

— Tony “The Bull” (@tonythebullBTC) June 27, 2023