ビットコイン小売業者、BTCが26,000ドルを超える急騰に伴いディップを買い付ける

オンチェーンデータによると、ビットコインの小売り購入者は最近の下落に買い増しをしており、それは$26,000以上の価格上昇と重なっており、トレーダーやホルダーを安心させています。今週初め、BTCの価格は$24,820まで下落した後、スポットレートに回復し、4日で8%上昇しました。

小売投資家が下落相場に買い増し

米国証券取引委員会、バイナンス、そして「仮想通貨」証券関連の騒動といった荒れた週の後、連邦準備制度理事会が利上げを一時停止し、米国基金率を5%から5.25%の範囲内に維持したことにより、市場の不確実性が高まった結果、ビットコインの価格が$25,000を下回りました。

しかし、その後、仮想通貨市場は回復しており、0.01〜1 BTCを保有する小売ビットコイン投資家が下落相場を買い増しています。

興味深いことに、小売投資家による下落相場への買い増し行動は、今年の初めに発生したシリコンバレーバンク(SVB)の崩壊時に観察されたレベルと類似していますが、FTXの崩壊後に見られた下落相場よりも少ないです。その時、ビットコインの価格は$16,000以下に暴落しました。

小売業者が買い増していることから、トレーダーやホルダーは最近の不利なファンダメンタルにもかかわらず、前途に自信を持っている可能性があります。

ビットコインの鯨が動いている

一方、アクティブなビットコイン小売購入者が増加する中、「鯨」も動いています。仮想通貨の鯨は、大量のコインを保有しているアドレスのことです。

Twitterユーザーは、最近2010年以来休眠状態にあった約$1.2 million相当の50 BTCを保有するユーザーがコインを移動したことを指摘しています。

このバッチのコインは、2010年6月に採掘され、それ以来触れられていなかったものでした。

この傾向に従い、以前10年間休眠状態にあった別のビットコインウォレットが、$7.8 million相当のBTCを新しいウォレットに移動しました。別の長期保有者は、11年以上の活動停止後、$11 million相当のBTCを移動しました。

BTCの価格と仮想通貨市場の極めて重要な時期に、投機家はこのような大規模なBTCの動きの背後にある動機についての疑問を投げかけています。送金による取引活動は、ビットコインの供給と需要のダイナミクスに影響を与え、価格に短期的な影響を与える可能性があります。

2021年6月18日現在、ビットコインは$26,500以上で堅調であり、6月14日の損失を反転させました。小売業者が下落相場を買い増ししているように見えるので、数日後には価格が回復し、$30,000にまで上昇する可能性があります。

それでも、ビットコインは圧力を受けており、トレーダーは、バイナンスやコインベースに対する米国証券取引委員会の訴訟を含む基本的なイベントが価格行動を形作る方法に注意を払う必要があります。