ビットコイン価格が31,900ドルを超えると、長期的なブル志向が確認されるとFairlead Strategiesは指摘しています

ビットコイン(BTC)は、伝統的なリスク資産を大きく上回る85%の上昇を記録し、2023年上半期において注目を集めています。それでも、テクニカル分析リサーチプロバイダーであるFairlead Strategiesは、市場価値において最大の暗号通貨について、長期的には中立的な見方を維持しています。

Fairleadによると、価格が「一目雲」抵抗線である31,900ドルを超え、MACDヒストグラムなどのモメンタム指標がその動きを確認すると、長期的な見通しは上向くとのことです。

「私たちはビットコインについて長期的に中立的な見方を維持していますが、週次クラウドを超えるブレークアウトと月次MACDの「買い」シグナルが示されれば、私たちは上向きのバイアスを持つことになります。」とFairlead Strategiesのアナリストは、月曜日にクライアントに送ったノートで述べています。

1960年代後半に日本のジャーナリスト、細田悟一によって作成された一目雲は、主にトレーダーやアナリストがサポートとレジスタンスのレベルを定義し、勢いやトレンドの方向性を把握するために使用されています。2つのライン、リーディングスパンAとリーディングスパンBから構成されており、その間のギャップが雲を形成します。雲の上または下のクロスオーバーは、上昇トレンドまたは下降トレンドの変化を示していると広く考えられています。

MACDヒストグラムは、トレンドの強さや変化を測定するために使用される移動平均ベースのインジケーターです。ゼロを上回るクロスオーバーはモメンタムの上昇を示し、ゼロを下回るクロスオーバーは逆を示します。

週次チャート(左上)は、ビットコインが先週の15.5%の上昇を拡大しようとしていることを示しており、3月以来の最大の上昇です。

記事作成時点で、仮想通貨の価格は30,700ドルであり、クラウドの抵抗線は約31,900ドルに位置しています。

週次チャートMACDの更新された肯定的な読み取りと、ストキャスティックインジケーターの上昇により、Fairleadによれば、クラウドの抵抗線を超えるブレークアウトが可能性があるとのことです。

月次チャートMACDはまだ上昇シグナルを出していません。

編集:Parikshit Mishra。