ビットコイン価格の「リバウンド」は、Valkyrie Investmentsによると、37,000ドルまでの上昇可能性を示唆しています

バルキリー・インベストメンツによると、ビットコインの日足チャートには「スローバック」と呼ばれる価格パターンが現れ、$37,000への上昇ラリーに向けてブルを再び活気づかせる可能性がある。

テクニカル分析では、スローバックとは、以前のブレイクアウトレベルや抵抗がサポートに転換するまでの価格下落を指す。ブレイクアウト後、価格はいく日か上昇した後、上向きの勢いを失いブレイクアウトポイントに戻る。トマス・ブルコウスキ氏が「Visual Guide to Chart Patterns」で詳細に説明しているように、スローバック完了後、価格はしばしば急騰する。

ビットコインは最近、約$25,000まで下落し、3月にブレイクし、サポートに転換した逆頭足 (H&S) ネックラインの抵抗を再訪した。 $31,000から前のブレイクアウトポイントまでの19%の下落は、バルキリー・インベストメンツのリサーチ責任者のジョシュア・オルシェウィッツ氏によると、クラシックなスローバックパターンである。

「通常、しかし必ずしもそうではないが、価格はネックライン[抵抗]を上回ってからそのレベルに戻る。現在は$24,000〜$25,000の間にある」とオルシェウィッツ氏は週次市場アップデートで述べています。「この動きは『スローバック』と呼ばれ、この場合、約3ヶ月の急騰後の下落ウェッジチャートパターンも含まれます」

「スローバックのポジティブな解決策は、$25,000から$37,000へのピボットトゥピボットのトレードセットアップとして測定されます」とオルシェウィッツ氏は提案しています。

チャートは、ビットコインが最近緑のサポートゾーンを再テストし、スローバックを完了したことを示しています。一部のテクニカル分析のテキストブックによると、スローバックには最大で10日かかりますが、時間制限はしばしば任意に扱われます。

スローバックは降下収束トレンドラインによって特徴付けられる降下楔形パターンを取り、降下楔形はまた、上昇反転パターンでもあります。

オルシェウィッツ氏によると、価格が200日間の単純移動平均(SMA)の$23,690まで下落すると、スローバックと楔形は無効になる。「200DMA以下の価格活動が長期化すると、チャートパターンの失敗が示唆され、$15,000から$25,000のレンジバウンド活動がさらに続く」とオルシェウィッツ氏は指摘しています。

スティーブン・アルファーによる編集。