ビットコイン価格予測:FOMC会議、エルサルバドル国債、Googleの新しい広告ポリシーに市場が反応

ビットコイン価格の予測:FOMC会議、エルサルバドルの国債、Googleの新しい広告ポリシーによる市場の反応

Bitcoin Recap

仮想通貨のダイナミックな世界では、ビットコイン(BTC)が微妙ながらも目に見える変動を経験しており、火曜日時点で$41,457で0.50%以上上昇して取引されています。市場の感情は主要な経済イベントや政策変更に大きく影響を受けています。連邦公開市場委員会(FOMC)の会議が近づくにつれ、連邦銀行の観察者であるジム・グラント氏は長期的に高金利を予測し、ビットコインの評価に大きな影響を与えると予想しています。

一方、仮想通貨コミュニティは、エルサルバドルの先駆的なヴォルケーノボンドの規制承認を熱望しており、今年の第一四半期に予定されています。

さらに、Googleが最近広告ガイドラインを改訂し、特にスポットビットコイン上場投資信託(ETF)に対するコイン信頼広告を受け入れることで、デジタル通貨の主流的な受け入れと可視性のための重要な時刻を築いています。

これらの動向は、ビットコインの市場の現在と将来の軌道を共同で形成しています。

 

ジム・グラントの予測:FOMC会議に先立つ高金利の予想

市場参加者であるトレーダーや投資家は、2023年12月13日に予定されている連邦公開市場委員会(FOMC)の会議に注目しています。連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が現在の高水準の基準金利を維持するかどうかについての憶測が広がっています。驚くべきことに、財務のグルとして有名なジム・グラント氏は、「グラントのインタレストレートオブザーバー」での四十年にわたる業績でよく知られており、FOMC会議に続く長期的な高金利期間を予測しています。

現在、銀行業務や中央銀行の政策に重要な連邦ファンズ金利は、5.25%から5.50%という22年ぶりの高水準にあります。市場の期待では、この会合では利上げはないとされていますが、CMEのFedwatchツールによると、わずか2.9%の確率です。しかし、将来的な低金利への転換が予測されているとの意見もあります。

投資家が経済予測や政策動向に関して明確さを求める中、金利に関する意見の相違は金融市場に不確実性をもたらし、ビットコインを含むさまざまな資産に影響を与える可能性があります。

エルサルバドルのヴォルケーノボンド:第一四半期の規制承認を待ちながら

Googleのポリシー更新:暗号通貨とビットコインETFの広告を解禁

2024年1月29日より、Googleはデジタルコイン信託(スポットビットコインETFを含む)の広告を許可するために広告ガイドラインを改訂しました。この戦略的な動きは、証券取引委員会(SEC)が2024年1月10日にスポットビットコインETFの承認を予定していることと一致し、仮想通貨業界における重要なマイルストーンとなっています。BlackRockやARK Invest、Grayscaleなどの企業は、更新されたガイドラインに基づき、スポットBTC ETFを宣伝することができるようになり、可視性と認知度が向上します。

Grayscaleの訴訟の肯定的な結果は、SECが承認を与える可能性が高いことを示唆しており、機関投資家の参入が活発化し、持続的なビットコインの上昇相場を引き起こす可能性があります。スポットビットコインETFの発売後に増加する関心と採用を業界が期待しながら、この動向はBTCの価格にポジティブに影響を与えるでしょう。

ビットコイン価格予測

2023年に注目すべきトップ15の仮想通貨

業界の専門家から選りすぐられた最高の15の代替仮想通貨とICOプロジェクトを紹介し、デジタルアセットの世界を最新の情報でご紹介します。本リストは、Industry TalkとCryptonewsのプロフェッショナルによって厳選され、暗号通貨投資に関する専門的な助言と重要な洞察を提供します。

これらのデジタルアセットの潜在力を発見し、自己を情報化する機会を活用してください。

免責事項:本記事で承認された暗号通貨プロジェクトは、発行者または発行元の財務アドバイスではありません。暗号通貨は大変なリスクを伴う非常に変動の激しい投資ですので、常に独自のリサーチを行ってください。