ビットコイン価格が不安定な状況に:市場アナリストは、20000ドルレベルまでの潜在的な下落に警鐘を鳴らす

ビットコインは、市場規模で世界最大の暗号通貨であり、過去24時間で重要な25,000ドルを突破したため、現在圧力を受けています。この動きにより、取引者や市場分析家たちは、ビットコイン(BTC)の価値がさらに下落する可能性に備えて、緊急感を感じています。

執筆時点では、BTCは24,872ドルで取引されています。過去1週間は、この暗号通貨にとって好ましくないものでした。資産価値は過去24時間で4.2%下落し、価格が25,000ドルを下回るようになりました。この下降傾向は、ビットコインの週間パフォーマンスに悪影響を与え、6%の損失を引き起こしました。

トレーダーとアナリストが懸念を表明

いくつかのトレーダーやアナリストは、この暗号通貨の下降に対して、自分たちの予測を共有しています。特に、Bluntzというトレーダーは、次の数日で、ビットコインが25,600ドルを回復するかどうかが重要なテストになると述べています。

一方、Rekt Capitalというトレーダーは、ビットコインの価格が20,000ドルを下回る可能性について懸念を表明しました。この予測は、ビットコインが26,600ドル以上の週間サポートレベルを下回った後になされました。

Rekt Capitalは、この価格水準でビットコインが拒否された場合、BTCはおそらく20,000ドルまで下落すると考えています。

一方、別のアナリストであるCryptoConは、ビットコインの状況について自分の見解を述べました。CryptoConは、過去に関して興味深い相関関係を指摘し、ビットコインが2016年にもキーとなる抵抗レベルであった31,000ドルで抵抗を見せたことを述べました。

彼の分析によると、BTCはこの抵抗レベルで拒否されただけでなく、現在の最高値を下回った際にもサポートを見つけたとのことです。

ビットコイン最新価格動向

ビットコインは、過去1週間で著しい下降トレンドにあります。市場キャピタル化で最大の暗号資産は、過去7日間に5%以上下落しています。BTCは過去24時間で下落を続け、4.2%の損失を記録しました。

執筆時点では、BTCは日曜日にわずかに26,000ドルを超えた後、24,925ドルで取引されています。ビットコインの取引量は過去7日間で急増し、この月曜日には10億ドル以下だった取引量が、過去24時間で140億ドルまで上昇し、現在の価格では大規模な売却につながる可能性があります。

ただし、この資産の時価総額は過去7日間で300億ドル以上減少しており、BTCの時価総額は先週木曜日の5180億ドルから4830億ドルに急落しました。

暗号通貨に対する規制圧力が依然として高まる中、これらのトレーダーや市場アナリストの予測は、規制のドラマが展開される中で、ビットコインの可能性のある動きを一瞥するものとして注目されます。

Unsplashからの注目画像、TradingViewからのチャート。