ビットコイン価格データからは、今回はブルが$30Kをサポートとして維持することに成功すると示唆されています

Bitcoin(BTC)は、6月15日から6月23日までの24.3%の急騰により、31,000ドルを上回る取引が行われており、多くの人々が驚いています。ベアにとっては、これは165百万ドルのショート先物契約の清算に直面することを意味していますが、予期しない急騰は、Bitcoinデリバティブを使用する投資家にも多少の不快感をもたらしました。

インフレは、伝統的な市場にとって最大の疑問符であり、英国銀行による最近の50ベーシスポイントの利上げ、ノルウェーとスイスに続く同様の動きにより、その地域の過去10年で最も高い資本コストにつながりました。

6月21日のアメリカ合衆国下院金融サービス委員会での立法者からの質問に対して、連邦準備理事会の議長ジェローム・パウエル氏は、「インフレを2%に戻すプロセスはまだ長い道のりがある」と述べ、 「ほぼすべてのFOMC参加者は、年末までに利上げをやや進めることが適切であると予想しています」と改めて強調しました。

Marko Kolanovic氏率いるJPMorganのストラテジストによると、「経済の最近の強さにより、景気後退の始まりが遅れる可能性があります」、中央銀行による金融引き締めの影響はまだ感じられておらず、「最終的には景気後退が必要になるでしょう。」

投資家たちは、潜在的な経済的不況から出てくるベアリッシュな圧力や、資本需要を抑制するための中央銀行の進展に対抗して、Bitcoinが30,000ドルのレジスタンスを上回る力を持っているかどうかについて疑問を持っています。

したがって、トレーダーは、Bitcoin先物契約のプレミアムとBTCオプションを使用したヘッジのコストに注意を払う必要があります。

Bitcoinデリバティブはわずかな改善を示しています

Bitcoin四半期先物は、クジラやアービトラージデスクの間で人気があります。しかし、これらの固定月契約は通常、決済の遅延に対して販売者がより多くのお金を要求していることを示しており、スポット市場にわずかなプレミアムを付けて取引されています。

そのため、健全な市場のBTC先物契約は、コンタンゴと呼ばれる状況である5%から10%の年間プレミアムで取引されるべきです。これは、暗号通貨市場に特有のものではありません。

レバレッジをかけたBTCロングの需要はわずかに増加し、6月22日に先物契約のプレミアムが1週間前の3.2%から4.3%にジャンプしましたが、中立の5%のしきい値を下回っています。

トレーダーはまた、最近の修正が投資家をより楽観的にさせたかどうかを理解するためにオプション市場を分析する必要があります。25%デルタスキューは、アービトラージデスクや市場メーカーがアップサイドまたはダウンサイドの保護に対して過剰な価格を設定するときに示唆的なサインです。

要するに、トレーダーがBitcoin価格の下落を予想する場合、スキューメトリックは7%を上回り、興奮の段階はマイナス7%のスキューを持つ傾向があります。

25%デルタスキューメトリックは、Bitcoinの価格が26,000ドルのサポートを回復した6月16日に「恐怖」モードを脱し、改善を続け、6月22日にはマイナス8%のスキューで適度な「貪欲」な感情に達しました。

関連記事:「Bitcoinのみ」の買い付け投資は、長期的にアルトコインを上回るという分析結果が示されています。

過剰な楽観主義の不在は良い兆候です

通常、4.3%の先物ベースとマイナス8%のデルタスキューは中立的な市場指標と考えられますが、それは6月15日から6月22日までの21.5%のBitcoin価格の急騰があるため、そうではありません。デリバティブ契約を使用するバイヤーにとって、ある程度の懐疑心は健康的であり、必要に応じてさらなるレバレッジ使用の余地を開けます。

Binanceと米国証券取引委員会の激しい法的闘争は、BTC先物契約にとってリスクをもたらす可能性があります。コインベースは、スポット市場とデリバティブ市場で最大の市場シェアを持っているため、米国コロンビア特別区地方裁判所の判断は暗号通貨市場に大きな影響を与える可能性があります。

暗号通貨の規制環境に関する不確実性と、経済的不況のリスクの増大以外には、鋭いBTC価格の修正を正当化する明確なドライバーはありません。それは、バルが正しい量の楽観主義を保つために十分な理由を与えたと言えます。