ビットコイン決済エグゼクティブがフィリピンでの採用の課題を共有

ビットコイン(BTC)コミュニティがどれだけ進歩したかを示す多くの開発がある一方、BTC支払いプロバイダーの役員は、世界の他の地域では採用がまだ初期段階にある可能性があると共有しました。

BTCプラハイベントにて、Kocooの記者Joseph Hallは、フィリピンでビットコインライトニングネットワークをサポートするウォレットサービスであるPouchの創設者であるEthan Rose氏とインタビューを行いました。2人は、フィリピンの熱帯島であるボラカイ島の商人にビットコインを紹介するためのPouchチームの取り組みや、国内での採用状況について話しました。

Rose氏によると、彼らのチームは既に島内の約250社と国内の約400社をオンボーディングしています。彼らのチームは、商人が顧客を獲得する別の方法を提供することにより、国内でのビットコインの採用を促進するために取り組んでいます。

「彼らはビットコインに熱心ではありません。彼らは残りの人生をSATをスタックすることに決めたわけではありません。ですから、私たちの提案は、長期的にあなたのビジネスに新しい顧客を獲得する方法としてのものです」とRose氏は述べています。

また、役員は、ビットコインを紹介することにはまだいくつかの困難があるとも共有しました。彼は次のように説明しています。

「オレンジピルを飲むのは難しいです。もし誰かにビットコインが最高のお金であると説得して、彼らがお金のメンタルモデルをその場で切り替えることができるとしたら、それはかなり騙されやすい人だと言えるでしょう。」

人々にビットコインを紹介するという課題に加えて、役員は、ビジネスがビットコインを受け入れることにより、それらから何の売上も得られないリスクがあるとも共有しました。

「私たちはより多くの支出者が必要です」と彼は説明しています。役員は、1つの地域で多くの店がビットコインを受け入れる場合、支出者が希釈される可能性があると述べました。

関連記事:フィリピンは暗号通貨フレームワークの公開を延期

さらに、Rose氏は、ビジネスがビットコインを受け入れた場合には、良い経験を持つことが重要であると強調しました。役員は、何も果たさない場合、商人が取り組みを放棄する可能性があると説明しています。「数か月後に誰も現れなかったら、彼らはウォレットをアンインストールするだけです」と彼は付け加えました。

マガジン:Tornado Cash 2.0:安全で合法的なコインミキサーを構築する競争