ビットコイン・オプションの売買高が23億ドルに達し、価格が2ヶ月ぶりの高値に上昇しました

ビットコイン(BTC)の突然の上昇により、コールの需要が高まり、オプション市場の活動が活発化しました。

暗号通貨の価格は水曜日に3万8,000ドルまで急騰し、4月14日以来の高値を記録し、BlackRock(BLK)、WisdomTree、Invesco(IVZ)による最近のスポットビットコインETF申請の繁栄が喜ばれ、世界最大の暗号通貨に対する持続的な機関投資家の需要が強調されました。

一週間前に価格が一時的に重要なサポートの下限値である25,200ドルを下回ったときの市場の軌道の急激な変化により、トレーダーは上昇に追いつくためにオプションに転向しています。

水曜日には、Deribitを含む主要取引所で33億ドル相当のビットコインオプション契約が取引され、3か月ぶりの最高日次名目取引高を記録しました。 Deribitはグローバルの約80%を占めています。

Deribitのアジアビジネス開発担当者であるLin Chen氏はKocooに話し、「3か月で最大の取引量を見ています。コールオプションの購入には多くの関心があります」と述べています。

オプションは、将来のある日に、この場合はビットコインを一定価格で買うまたは売る権利を投資家に与えます。コールオプションの買い手は買う権利を、プットオプションの買い手は売る権利を得ます。トレーダーは、低コストでレバレッジをかけた上昇トレンドの賭けとしてコールオプションを購入することがあります。

過去24時間で、3万ドル、3万1,000ドル、3万2,000ドル、4万ドルの行使価格のコールオプションがトレーダーの間で人気を博しており、Laevitasによると、コールスプレッドは過去7日間で総ブロックフローの45%を占めています。ブロック取引とは、ParadigmのようなOTC流動性ネットワークで実行され、その後取引所に記載される大口注文のことです。

Paradigmの機関営業および取引担当ディレクターであるPatrick Chu氏によると、価格の急騰により、一部のコールオプションの買い手が上昇トレンドに追随するため、上昇トレンドを買い戻す必要があったと述べています。コールオプションの売り手が所有する暗号通貨に対してコールを売ることは、フラットからマイナス相場で追加の利回りを生み出す人気の戦略です。

「大半は、急激な上昇傾向にあるため、特にオプションオーバーライターがトップサイドを買い戻しています」とChu氏は述べています。

DVOLスパイク

オプションへの需要の増加により、Deribitのビットコインボラティリティ指数であるDVOLが59.24に上昇し、4月初旬以来の最高値を記録しました(Amberdataによると)。 DVOLは、Deribitのオプション注文簿を使用して計算されるビットコインの30日間の暗示的ボラティリティ(IV)を測定します。オプションへの需要が高いほど、IVが高くなり、逆に需要が低いほどIVが低くなります。IVは、特定の期間における価格の乱高下に対する投資家の期待を示します。

「オプションへの需要の増加により、DVOLが上昇しました」とDeribitのChen氏は述べています。

暗号通貨市場のリスク回避時には通常、暗黙的ボラティリティが上昇します。 DeribitのDVOLは、価格が上昇すると上昇する傾向があるとChen氏は説明しています。

ビットコインの暗示的ボラティリティとスポット価格は、今年の初め以来ポジティブに相関しています。

「DVOLは、最近のヘッドラインと過去3日間のスポット価格の変動に反応的に移動しています。過去2か月間、価格は非常に抑制されており、実現されたボラティリティは全体的に低かったです。市場は少し短い[ボラティリティ]になっており、人々はカバーするために必死になっています」とChu氏は述べています。

オリバー・ナイト(Oliver Knight)による編集。