ビットコインは、そのエトスをスケールさせるために変わる必要があります

これはマイケル・マトゥレフ氏によるオピニオン記事であり、彼は電気技師であり、オーストリア学派経済学の独立した学生であり、ミーゼス研究所のメンバーでもあります。

ビットコインは変わる必要があります!この声明のために私を絞首台にかける準備をする前に、ビットコインの異端について少し考えさせてください。簡単な紹介をさせてください — 私はギャラクシー脳の影のスーパーコーダーではありません。コンピュータサイエンスや暗号学の分野における相対的な無知を認めざるを得ません。私はビットコイン業界では働いていません。代わりに、私は普通の市民であり、生計を立てるために建設業で働きながら、ビットコインの真の本質を包括的に理解しようと努めています。では、なぜ私はビットコインが変わる必要があると言うのでしょうか?

まず、ビットコインコミュニティで最も大きなマントラの1つである「自分のキーでないと自分のコインではない」という格言を考えてみましょう。これは大いに正当なものです。あなたのプライベートキーが中央集権した取引所や保管業者に預けられる場合、あなたは実質的に資金の管理権を放棄します。この状況では、あなたはキーを預けた第三者のセキュリティ対策と誠実さに依存することになり、対当事者リスクが生じます。

「自分のキーでないと自分のコインではない」という哲学は、分散化と検閲耐性のより広範な原則と一致します。これらの原則は個人に金融的な主権を与え、仲介業者の必要性を排除することを目指しています。これは、政府が技術を個人を管理するためのツールとしてますます利用するデジタル時代において、個人の責任、セキュリティ、自己依存の重要性を強調しています。

さて、問題は何なのでしょうか? 実のところ、現在のビットコインプロトコルの実装では、セルフカストディがスケーリングできないという現実があります。多くのビットコイン愛好家がこの現実を批判的に分析しないことを選んでいます。しかし、現実を無視することの結果を無視するわけにはいきません。

最近、BRC-20の鋳造問題がコミュニティ内で注目を集めました。この出来事により、ベースレイヤーフィー市場が急騰し、取引の確認に莫大な費用がかかるようになりました。BRC-20についての意見に関係なく、この事件はネットワークが拡大し続ける場合の将来像を私たちに示してくれました。8億人のユーザーがいる状況でこの状況が悪化することを率直に想像してみてください。アクティビストのアニタ・ポッシュがこのツイートで指摘したように、カストディソリューションが新たなネットワーク参加者のオンボーディングの唯一の手段になるでしょう。複数のカストディアンにリスクを分散させることを目指した連邦プロトコルも存在しますが、この解決策はセルフカストディとは根本的に異なります。

最近、人権活動家のアレックス・グラッドスタインがこの問題に焦点を当てた思考実験を提案しました。

私が悲しむべきことに、そのシナリオに対する回答者のうち54%以上が成功と見なしています。このような状況はビットコインの自己主権と検閲耐性の倫理を脅かすものです。しかし、驚きではないかもしれません。この投票結果は、個人の自由よりも「数字が上がること(NGU)」を優先する人々が多いことを示唆しているかもしれません。

スケーリングの問題が起きるたびに、一般的な反応は、ビットコインは層状にスケーリングし、ベースレイヤーが固まり、追加のレイヤーがグローバル人口のオンボーディングを容易にするという考えを引用することです。しかし、Shinobiの指摘するように、「レイヤー2は魔法の呪文ではありません。レイヤー2を最適化し改善するためには、ベースレイヤー上での新機能が必要です。レイヤー2は、文字通りレイヤー1の機能の上に構築されたものに過ぎません。レイヤー2の制限は、レイヤー1の制限の直接的な結果です。」

この現実を受け入れることは、私のようなコンピュータサイエンス専攻や暗号学者ではない個人にとっては困難かもしれません。私たちはビットコインを愛しており、変化の可能性は私たちが知らないことを知らないため、脅威に感じられるかもしれません。どんな変更もビットコインの失敗につながる可能性はゼロではありません。そのため、私たちの多くは頑なに立場を守り、ベースレイヤーの固定化を主張し、ビットコインがそのまま維持されることを保証しようとします。

もし、私と同じように、「自分のキーでないと自分のコインではない」がネットワークの現在と将来のすべての参加者にとっての選択肢であるべきだと考えるならば、遅すぎる前にビットコインの可塑性を受け入れる必要があります。ジェイムソン・ロップの言葉を借りれば:

「ビットコインは健全なお金です。しかし単なるデジタルゴールドではありません。ビットコインはプログラム可能なお金です。金とは異なり、アップグレードが可能なテクノロジーです。私たちはその特性を捨てる必要はありません。ビットコインの改善できる点はまだまだあります… ネットワークプロトコルの固定化の性質上、変更は早期に行われなければなりません。プロトコルが主流レベルで採用されると、変更を調整することは不可能になります。」

そして、Lopp氏の言葉を引用すると:

「オシフィケーションは成長の副産物であり、明示的な意思決定ではありません。新しく提案された変更が全く注目を集めなくなるまで、私たちがいつ行き過ぎたのかを本当に知る方法はありません。さて、オシフィケーションの本当の問題が明確になります:将来において見えないラインを越えた後、ビットコインは実質的にさらなるアップデートが不可能な状態で「固定」されます。

「それが起きる前に、開発者やユーザーはビットコインの最終的なコードベースがどのように見えるべきかについて考える必要があります。セグウィットのフォークなどを巡る過去の議論から、ビットコインの利用者は多くの問題について分かれており、この質問に対して全員が同意する答えはほとんどないでしょう。もちろん、これはオシフィケーションを引き起こす問題の一部です。」

時間が経つと、ベースレイヤーのオシフィケーションの見えないラインを既に越えているかどうかが明らかになります。ただし、その日が来るまで、ビットコインの自己主権性や検閲耐性、そして真にお金と国家を分離する可能性を大切にするすべてのユーザーにとって、変更を受け入れることは重要です。開発者コミュニティ内のさまざまな議論に参加してください。観察や議論においてチャリティの原則を実践してください。個人的には、ChiBitDevsの参加者として、開発者コミュニティの人々は非常に歓迎しており、非技術的なユーザーが開発の最前線にある複雑なエンジニアリングの問題を理解するのを手助けしています。

最後に、Shinobi氏の言葉を考えてみましょう:”もしスパイたち(政府)がビットコインへのさらなる変更に熱烈に反対させることで、唯一の長期的なスケーリングオプションが彼らが規制し、捕捉しようとする銀行である場合はどうでしょうか?”

チック・トック、次のブロック。

マイケル・マチュレフのゲスト投稿でした。表明された意見は完全に彼ら自身のものであり、必ずしもBTC IncまたはKocooのものとは限りません。