2023年において、Bitcoinのマイニング株はBTCを上回りますが、オンチェーンデータは潜在的な停滞を示しています

最近のビットコインの値上がり相場の中で、ビットコインマイニング企業はビットコインを大幅に上回る成績を収めました。

時価総額上位9社の上場ビットコインマイニング企業の年初来の株価上昇率は257.14%でした。この数字は、同期間のビットコインの上昇率のほぼ3倍です。

これらの企業が高い利益を上げるのは、レバレッジ効果によるものです。レバレッジ効果は、ビットコインが上昇するときにはこれらの株式が上昇し、ビットコインが下落するときにはより大きな下降リスクに直面することを意味します。

高いレバレッジ効果により、ビットコインの価格のパフォーマンスはマイニング株式の方向性を決定する上で重要な要素となります。

マイニング業界のトレンドは、マイナーがより多くのマシンを購入することで長期的なポジションを取っていることを示しています。ただし、これまでのブルマーケットと同じ蓄積レベルを示していないため、株式の上昇トレンドは中期的に停滞する可能性があります。

過去1か月間に複数のマイニング企業が拡大し、株式のポジティブなセンチメントと長期的な価値を高めました。同時に、マイニング条件も改善し、ハッシュレートが下落し価格が上昇しました。

ただし、オンチェーンデータによると、マイナーは保有コインの大部分を売却しており、近い将来の下降の兆候となる可能性があります。

マイニング企業が拡大動向を見せる

アメリカの上場マイニング企業は、業界の長期的な強さを示す積極的な動きを2023年6月に行いました。

Hut 8 Mining(HUT8)は、米国ビットコイン社(USBTC)と合併し、総ハッシュレートを9.8 EH/sに増やし、米国で3番目に大きな公開マイニング企業となりました。ただし、Coinbaseから5,000万ドルの借入を一般法人目的で行いました。

Cleanspark(CLSK)は、ハッシュレートを約1 EH/s増やすために930万ドルを投資しました。

同時に、Riot Blockchain(RIOT)はマイニングハードウェアメーカーのMicroBTと1億7000万ドルの取引を行い、2024年までにハッシュレート容量をほぼ倍増させる予定です。

マイニング株はショートスクイーズの準備が整っています

Marathon Digital Holdings(MARA)は、ナスダックで最もショートされている株の1つであり、その浮動株の25.06%がショートされています。なお、10%以上の値は、強くショートされていると見なされます。

同様に、Riotの浮動株の14.54%がショートされており(5月の13.48%から増加)、Cipher Mining(CIFR)は22.32%です。

残りの企業は浮動株の5%から10%をショートされており、比較的中立的な市場スタンスを示しています。

MARA、RIOT、CIFRへのショート利益の増加は、過剰な債務と株式の希薄化によるものであり、既存株主の収益性に悪影響を与えます。

マイニングの利益は向上していますが、マイナーは売却中

Coin Metricsのワンホップ供給メトリックスは、マイニングプールからコインを受け取ったウォレットの保有量を示しており、これらのアドレスはほぼ1年ぶりの低水準に減少しました。

Glassnodeのデータによると、マイナーのコインの取引所への移動量も大幅に増加しました。取引所への流入量は2021年のブルマーケット時のレベルさえ上回っています。

#Bitcoin Miners are currently recording extremely high Exchange interaction, sending an ATH of $128M to Exchanges, equivalent to 315% of their daily revenue. https://t.co/O78r5MY34f pic.twitter.com/MR5b9Au7AA

— glassnode (@glassnode) June 27, 2023

さらに、マイナーの保有量は依然として2年ほどの低水準に近く、2023年の大部分で低い収益性が原因である可能性があります。

ネットワークの総ハッシュレートは6月初めに過去最高に達しました。しかし、テキサスの猛暑の中でハッシュレートは減少しています。ハッシュレートの低下とビットコインの価格が3万ドルを超えることが、マイナーの収益性の向上に寄与しています。

最も使用されているマイニングモデルであるAntminer S19の生産コストは、電力費によって20,000ドルから25,000ドルの範囲になります。

特に、Riotなどテキサスにマイニングファームを持つ企業は、気候のために一部の損失を被る可能性があります。ただし、彼らは過去に猛暑を経験しているため、熱波のリスクに対処するための措置を取っている可能性があります。

関連記事: Riot Blockchainのビットコインマイニング生産性は、テキサスの記録的な熱波の中で28%減少

それにもかかわらず、収益性の向上にもかかわらず、マイナーはビットコインを売却しており、将来のネガティブな価格変動の兆候かもしれません。

6月には収益が改善しましたが、マイナーは引き続き拡張や運営コストに費用をかけており、暗号通貨のブル市場はまだ始まっていない可能性があります。

企業の拡大計画とオンチェーンのマイナーの保有量の減少は、中期的な横ばいの価格変動またはBTC価格の下落に伴うマイニング株の潜在的な修正を予測しています。