「ビットコインマイニングが持続可能性の基準を設定:50%以上がクリーンエネルギー源で稼働」

Bitcoin mining sets sustainability standards Over 50% of operations are powered by clean energy sources.

Kanchanaraによる写真、Unsplash

CH4Capitalの共同創設者であるDaniel Batten氏によって本日発表された新しいデータによれば、Bitcoinマイニングは再生可能エネルギーを主要なエネルギー源として使用しており、持続可能性の高いグローバル産業の中でも最もエネルギー効率が高いことが判明しました。そのエネルギー消費量の半分以上が再生可能エネルギーから供給されています。

これは、しばしばこのセクターをエネルギー消費が多く環境に悪影響を与えると非難してきた広範な批判に反するものです。しかし、実際の状況はより微妙であり、批評家たちが提起するいくつかの重要な点は、Bitcoinの支持者たちが無視すべきではないものです。これについては後ほど記事で詳しく説明します。

環境への移行:Bitcoinマイニングの持続可能性指標

Batten氏のソーシャルメディアプラットフォームX上の投稿によれば、Bitcoinマイニング業界は急速に持続可能なエネルギー解決策を導入しています。

Batten氏が共有したチャートによれば、過去4年間のBitcoinマイニング業界における再生可能エネルギーの使用量は増加しています。それに対して、他の主要な産業はクリーンエネルギーの使用量がほとんど増えていないことが示されています。

銀行業界はクリーンエネルギーの採用で2.6%の増加を示しています。

一方、Bitcoinマイニングは持続可能なエネルギーの使用量が38%増加し、その割合は52.6%に達しました。これにより、Bitcoinマイニングはグローバル産業の中で最も環境に優しい産業であることが明確になりました。

Bitcoinの指標と排出強度

環境に配慮した取り組みに加えて、このセクターでは主要なパフォーマンス指標も大幅に向上しています。

過去4年間で、ブロックチェーンに接続された合計計算能力を測定するマイニングハッシュレートは475%増加しました。同様に、Bitcoinの価格は164%上昇し、利用者数も289%増加しました。

Daniel Batten氏によるX上のBitcoin成長率比較チャート

これらの急増にもかかわらず、Bitcoinマイニングによる炭素排出量は実際に10%減少しています。

Batten氏は、これらの指標が4年ごとに2倍になったとしても、排出量は出発時のレベルのままであり、他の産業では類を見ない偉業です。過去4年間における単位消費電力あたりの排出強度も50%以上減少しました。

環境に優しい暗号通貨:Bitcoinマイニングのエネルギー構成

Batten氏の報告書では、Bitcoinマイニング業界内のエネルギー構成に焦点を当て、水力発電が主要なエネルギー源であることが強調されています。これは、他の産業の大部分が主要なエネルギー源として石炭をまだ依存しているという点でBitcoinマイニングと差別化されています。

この環境に優しいBitcoinと持続可能な暗号通貨の実践への転換は、単にこの産業のマイルストーンではなく、他のセクターにも前例を提供しています。

Bloomberg IngelligenceによるBitcoinエネルギー構成の円グラフ

世界が環境の持続可能性を迫られる中、Bitcoinマイニングセクターは産業の成長と生態系の責任をバランスさせるための実行可能なテンプレートを提供しています。

Bitcoinマイニングでの環境への移行の財務的実現可能性

Bitcoinマイニングにおける持続可能なエネルギー利用の傾向は、投資家のセンチメントや規制方針にも影響を与える可能性があります。

世界各国の政府がデジタル資産の環境への影響を検証する中、Bitcoinマイニング業界のよりエコフレンドリーな取り組みは、成長を阻害するかもしれない厳格な規制に対するバッファーとして機能するかもしれません。

さらに、ESG(環境、社会、ガバナンス)基準が投資判断でますます重要視される中、この移行によってBitcoin、およびそれに拡大する暗号通貨市場が、持続可能性に焦点を当てる投資家層により魅力的になる可能性があります。

異なる意見:Bitcoinマイニングの環境への影響に関する議論

Batten氏のデータによれば、Bitcoinマイニングがより持続可能になっているという楽観的な見方には、賛同する人々もいます。批評家たちは、代替暗号通貨がより少ないエネルギーを必要とする中、この産業のエネルギー消費は不必要かつ浪費的であると主張しています。

懐疑論者たちは、ビットコインのマイニングによる高いエネルギー使用が「人類にとっての新たな利益」という考えを否定しています。彼らはこのような主張をグリーンウォッシングと呼び、環境に優しくない慣行を良い光で描こうとするものだと非難しています。

ビットコインのマイニングに使用される現実世界のエネルギー源は、この問題をさらに複雑にしています。再生可能エネルギーで動作するマイニング施設の事例もあるものの、大部分は最も手軽で安価なエネルギーに依存しています。これは、環境に配慮されていないエネルギー形態を使用することを意味することが多いです。

これらの批判者はまた、「壊れた窓の誤謬」という経済理論も指摘しています。この理論は、不必要な資源と労働力の需要を作り出すことは有益ではないと示唆しています。この文脈では、ビットコインのマイニングが再生可能エネルギー資源への不必要な競争を作り出し、それが他の場所でより良く使われる可能性があるという批判が行われています。

ビットコインマイニングにおける経済と持続可能性の複雑な相互作用

ビットコインマイニングの環境への影響に関する議論が激化する中、この業界は経済と持続可能性の交差点に立たされています。バッテンのデータはより環境に優しい慣行への移行を示していますが、批判者は業界の資源消費が長期的には正当化されず持続可能ではないと主張しています。

考慮に値する一つの側面は、エネルギー供給のシフトがエネルギー生産の地政学的な景観にどのように影響を与えるかということです。

ビットコインマイニングの運営者がより安価で再生可能なエネルギーを求める中で、彼らは間接的にさまざまな地域で緑のエネルギーインフラへの投資を促進するかもしれません。これにより、化石燃料の歴史的な主要生産国からのエネルギー生産の分散化を含むエネルギー政策の変化が生じる可能性があります。

さらに、デジタル資産がますます主流となるにつれて、その環境への影響は規制上の決定においてより重要な要素となるでしょう。ただし、ビットコインマイニング業界が持続可能性に焦点を当てた投資家や規制当局を満足させるだけの進展を遂げられるかはまだ明確ではありません。