ビットコイン・ライトニング企業、ライトスパークがライトスパークウォレットSDKを発表

ライトスパークは、ライトニングウォレットを提供することができるようにするツールであるライトスパークウォレットSDKのローンチを発表しました。Bitcoin Magazineに送信されたプレスリリースによると、ライトスパークは、ライトニングネットワークをよりアクセスしやすく、一般的にし、支払いがオープンで安全かつ即座に行えるようにすることを目指しています。

プレスリリースには、ライトスパークウォレットSDKは、ビジネスのニーズや顧客のフィードバックを慎重に考慮した結果であり、すべての規模や段階のビジネスがシームレスに使用できるようにカスタマイズされており、独自のUIやブランドアイデンティティを追加できる能力があることが説明されています。ライトニングペイメントの複雑さを簡素化し、ビジネスがチャネルの設定や流動性の再バランスなどの技術的な細部を気にすることなく、優れたユーザーエクスペリエンスの構築に集中できるようにすることを目的としています。

また、ライトスパークウォレットSDKには、低レイテンシー、高支払い成功率、低コストを提供するLightspark Predictが組み込まれており、プレスリリースによると、Lightspark Predictを活用することで、ビジネスはより広範なライトニングネットワークにより良い接続性を得るため、ライトニングペイメントの送受信時の信頼性と確実性を高めることができます。

また、ライトスパークが成長するビジネスの間でライトニングの採用が増えていることを証明する最近のパートナーシップも紹介されています。Xapo Bankは、Lightsparkを介してライトニングネットワークに最初に統合した銀行となり、メンバーが米ドルに変換することなくビットコインで小額購入を支払うことができるようになりました。

さらに、ライトスパークは、MENA地域で最大の暗号資産プラットフォームであるRainや、Lightsparkを使用してリアルタイムでビットコイン取引を実行できるようにするFlexaなど、パートナーシップを強調しています。