ビットコインは複数資産のネットワークに進化しています

ビットコインは現在、複数の資産を統合したネットワークとして進化しています

10年以上にわたり、ビットコイン(BTC)に関する主要な語りは、その役割をピアツーピアのデジタルキャッシュと価値保存手段として中心に置いてきました。

しかし、すべての指標は、このパラダイムに重大な変化を目撃していることを示唆しています。

2023年のはじめ以来、ビットコインエコシステムで最も議論されているトピックの1つは、以前に言及したユースケースを超える情報を保管するために、世界でも有数のブロックチェーンを使用することです。

関連記事:Bitcoinのフラグメントはフルビットコインよりも価値が高くなる可能性があります

もしもあなたがこの暗号の冬の間アイグルーで孤立しており、この進展を知らなかったのであれば、ここで簡単な概要をご紹介します。

2023年1月、開発者ケーシー・ロダモールはOrdinalsというプロトコルを世界に紹介し、任意のファイルをビットコインブロックチェーンに永久に刻み込むことができるようにしました。

これはそのような行動の最初の方法ではありませんでしたが、最も注目を集め、非代替可能トークン(NFT)コレクション、音楽、ビデオゲーム、ジャーナリスティック記事、さらにはウィキリークスの記録などが世界最大の分散型ネットワーク上に永遠に不変で保管されるトレンドを作り出しました。

https://twitter.com/wikileaks/status/1716273237179629983?ref_src=twsrc%5Etfw

その結果、実験や革新、そしてビットコインネットワークを巨大な分散型データベースとして見る視点が沸騰し始めました。

Ordinalsプロトコルは1年にも満たないにもかかわらず、劇的に発展し、より効率的になり、大胆なユースケースを可能にするように進化しています。

注目すべき強化策の1つは、再帰的な刻み込みの技術であり、ユーザーがブロックあたりの4メガバイトのデータ保存制限を回避し、ビットコインブロックチェーンにより大容量のデータを挿入することができるようにしました。

以下のイメージによって示されている例を挙げると、私はCointelegraphの記事を再帰的な刻み込みを使ってビットコイン上に完全に刻み込みました。

Cointelegraph article inscribed on Bitcoin as Ordinal inscription #35,185,228. Source: https://www.ord.io/35185228

合計8つの刻み込みが行われ、総ファイルサイズは5.22キロバイトでした。(小さいですね)そのうち7つの刻み込みは記事のイメージであり、それぞれがOrdinalsプロトコルを通じて個別にSatoshiに格納されました。8番目の刻み込みには記事のテキストを含むコードが含まれており、他のSatoshiからイメージを取得するためのリクエストも発行します。

関連記事:ビットコインは内戦に突入しました−「アート」について

この手法により、完全な記事をビットコインブロックチェーン上に永遠に刻み込むことを可能としました。このような質を維持したまま一度に達成することはできませんでした。

Ordinalsコミュニティ内の開発者であるレオニダスは、Twitter上でさらに深い視点を提供し、以下のように書きました:

もしもたくさんの人々がたくさんのコードパッケージをビットコインブロックチェーンにアップロードしたら、開発者がその上に構築できる巨大なパッケージリポジトリができることになります。これにより、4 MB以下では収容できなかったパワフルなユースケースが可能となります。最も複雑なソフトウェアの部分は結局、単なるコードの束でしかないのです。今では、ビットコイン上に複雑な3Dビデオゲームを完全に配置することが可能になりました。

たったこれだけで、可能性の世界が想像され、再解釈されるのです。なぜなら、世界有数のブロックチェーンを不変の共有と検閲されないデータストレージとして使用できる能力は非常に大きいからです。

しかし、イノベーションはここで止まりません!

10月には、Lightning LabsがBitcoinブロックチェーンをマルチアセットネットワークとしてさらに強化するために、Taproot Assets(TARO)の最初のメインネットリリースを発表しました。

これは、Ordinal protocolによって掻き立てられた熱狂と、その隣で輝くTAROへの道を整えた時期としては、より絶好のタイミングで起こったことと言えます。

Ordinal Protocolは、ユーザーと開発者の視野を広げ、彼らがBitcoinを複数資産のネットワークとして構築・視覚化できるようにしました。

Ordinalアセットは、トランザクションによるネットワークの洪水を通じて、BinanceにLightningとの統合を実装するように促しました。低コスト、分散化、高速ネットワーク決済速度との組み合わせは、Taproot Assetsを通じた他のコインや資産の取引を非常に魅力的にします。

TAROプロトコルのさまざまな応用の中でも、最も言及されているのは、Bitcoinブロックチェーン上でのステーブルコインの発行能力です。

このパラダイムの転換は、Bitcoinを主に交換可能な資産から交換が行われるBlocking.Netへと変革することになります。

このイノベーションにより、開発者は他のチェーンからの成功事例をモビリティさせ、母艦に戻す力を手に入れることができるようになります。

他のチェーンがすべてBitcoinのテストネットであると冗談を言う人もいますが、すべてはBitcoinにつながるのでしょうか?

全体的に言えば、私たちは新たなBitcoin時代の瀬戸際にいると言えるでしょうー多資産のオレンジ色ネットワークの時代です。

これらの新しいプロトコルに興味を持つかもしれない開発者を引きつけ、留めるだけでなく、これらの新しいアプリケーションは、最初はBitcoinを保有することに興味や価値を見出さなかった新しいユーザーを引きつけ、留める可能性もあります。

一部の人々にとって、世界を変えることは、楽しい暗号化スポーツカードを楽しむことだけで実現することがあります。しかし、Ordinalの最適化により、可能性はますます広がっていきます。

Hal Finneyが暗号取引カードとしてデジタルキャッシュのマーケティングアイデアについて推測した1993年1月の投稿。Source:Compuserve

Hal Finneyは著名なサイファーパンクであり、Bitcoinの創造者Satoshi Nakamotoから最初のトランザクションを受け取った人物ですが、1993年にCompuserveで投稿した以下のような内容です。「デジタルキャッシュを買ったり売ったりするというアイデアについて、もう少し考えてみると、そのプレゼンテーション方法を思いつきました。私たちは暗号取引カードを買ったり売ったりしているのです。」

Finneyは知っていました、そして今あなたも知っています。