投資家たちは、歴史的に強い7月を待ちながら、ビットコインが30,000ドルを超えたまま保持されていることに注目しており、オプションの満期に注目しています

ビットコインは高騰する可能性があるのでしょうか?

月曜日、時価総額において最大の仮想通貨であるビットコインは最近、24時間で0.9%下落して30,165ドル近くで取引されており、金融サービス大手のブラックロックやその他の企業がビットコインに資金を注ぎ込んだことで価格が上昇した勢いは、SECの承認が数か月先かもしれないという現実やマクロ経済指標の不確実性に直面したことで消え失せました。

しかし、Matrixportの研究責任者であるMarkus Thielen氏は、日曜日に発表されたレポートで、7月は過去3年間で24%、20%、27%のリターンをもたらす歴史的に強い月であったと述べています。

「そのため、次の30日間にビットコインが10〜20%上昇する可能性は高い」とThielen氏は書いています。「ビットコインは8月には33,000ドルから36,000ドルになる可能性があります。」

Thielen氏は、ビットコインが今年に入ってから、3回上昇してから5,000ドル下落することを繰り返していると指摘しました。3月の米国銀行危機が引き起こした混乱の後、BTCは25,000ドルまで上昇した後、20,000ドルまで下落し、今月のBinanceやCoinbaseなどの仮想通貨取引所に対するSECの訴訟に続いて、30,000ドルから25,000ドルに下落しました。「今、ビットコインETFの承認に対する期待がより多くの米国の機関投資家や小売投資家をこの空間に引き込むため、35,000ドルに向かっているようです。」

Matrixportは、今年の初めにビットコインが年末には45,000ドルに達すると予測していました。Thielen氏は、BTCの最も強い上昇相場が米国の取引時間中に発生したことを指摘し、「米国の機関投資家がビットコインを買っていることを示すサインであり、他の地域は活発ではない」と述べました。「米国で仮想通貨は死んでいる」と主張することは誤解であるようです。

続きを読む: Matrixportによると、ビットコイン価格はクリスマスまでに45,000ドルに達する可能性がある

一方、金曜日のビットコインオプション契約の満期に近づくにつれて、ビットコインの価格はさらに上昇する可能性があるということで、価格は急激に上昇するか、あるいは直後に急落するかもしれません。市場の状況が30,000ドルを超える勢いをつけると、ディーラーはスポット市場と先物市場で仮想通貨を買い、これがガンマスクイーズやスリングショット効果と呼ばれる過剰な価格上昇につながる可能性があります。一方、30,000ドルを下回る可能性がある場合、ディーラーは売却を強制されることになります。

時価総額で2番目に大きい仮想通貨であるイーサリアムは最近、1,854ドルで取引され、日曜日から約2.2%下落しています。仮想通貨資産管理会社Arcaの研究責任者であるKatie Talati氏は、Kocoo TVの「First Mover」プログラムのインタビューで、イーサリアムの最大バリデーターバランスを32ETHから2,000以上に変更する開発者の提案がETHの価格に影響を与えることはないと述べ、「長期的な視点からは、提案はあり得ないものです。」とコメントしています。

他の主要な仮想通貨は大部分が下落しており、スマートコントラクトプラットフォームのCardanoとSolanaのトークンであるADAとSOLは4%以上下落している中で、ビットコインキャッシュは稀に見る明るい兆しとなり、1年ぶりの高値を記録するほど、ほぼ16%上昇しました。元々のビットコインブロックチェーンからフォークしたBCHは、機関投資家が支援する仮想通貨取引所EDX Marketsに4つの仮想通貨のうちの1つとしてリストされた後、1週間で100%以上の上昇を続けています。

続きを読む: Spiking Social Interest、Exchange Supportにより、ビットコインキャッシュ価格が1年ぶりの高値に急騰

米国の株式市場は、テック中心のナスダック・コンポジットとS&P 500がそれぞれ1.1%と0.4%下落し、10年債券利回りや避難資産である金がわずかに上昇しました。

ArcaのTalati氏は、過去10日間に行われたスポットビットコインETFの申請による投資家の熱狂については慎重な楽観主義的であった。「大きな問題は、ETFが承認されるのはまだまだ先であるということに多くの人々が気づいていないことです」と彼女は言いました。「SECは非常に強い反仮想通貨の立場を取っています。」

しかし、彼女は「BlackRockがスポンサーであるため、規制当局に圧力がかかる可能性があります。伝統的な世界の資産管理者が自分たちのETFを申請していることを見ることができるので、将来的にはこの資産クラスにアクセスできるようになる可能性がある」と付け加えました。

編集:ジェームズ・ルビン。