ブラックロックETFの申請後、Coinbaseのカストディ・ウォレット内のビットコイン保有量が2.5K増加しました

先週BlackRockがスポットビットコインETFを申請した直後、Coinbase Custodyの1つのウォレットに保管されているビットコイン(BTC)は、分析ツールCryptoQuantによると、2,500 BTC増加しました。

Coinbase Custodyは、仮想通貨取引所が提供するサービスであり、機関投資家がビットコインなどのトークンを安全なウォレットに大量に保管できるようにするものです。規制当局による承認があれば、BlackRock Bitcoin ETFに保管されているビットコインの管理者として機能します。

CryptoQuantが追跡しているウォレットによると、保管用のウォレットに送られたビットコインはCoinbase(COIN)から送金されてきました。Coinbaseが顧客の保有資産を保管するために使用する冷たいウォレットまたはホットウォレットとは異なり、大口取引者がおそらくCoinbaseでビットコインを購入し、取引データによると、その保管者のウォレットに保有資産を送信したと思われます。

分析家のBradley Park氏は、テレグラムのメッセージで、BlackRockのETF申請はビットコイン保有者や投資家のポジティブな感情を刺激した可能性があると述べ、この取引が説明されると述べました。

「ブラックロックの影響は市場の感情を好影響を与え、機関投資家のビットコインの購入にも影響を与えています。」とPark氏は述べています。

ビットコイン価格が20%上昇したことから、Coinbaseでの取引量は先週ほぼ倍増しました。CoinGeckoのデータによると、過去24時間で20億ドル以上のトークンが取引され、6月初め以来の1日平均10億ドルを2倍以上上回っています。

米ドルとテザー(USDT)に対するビットコインの取引ペアは、これらの取引量のうち9億ドルを占め、資産が木曜日に3万ドルを超えたことを示しています。

Sheldon Rebackによる編集。