ビットコイン先物は、テラの崩壊以来最大の賭けを引きつけています

ビットコイン(BTC)先物市場では、暗号通貨のETF(上場投資信託)の一連の申請に伴い、価格変動に賭けるトレーダーが増え、1年以上ぶりに最大の資金流入を見ています。

ビットコイン先物の未決済契約の総数であるオープン・インタレストは、先週末に110億ドルを超え、かつて巨大だったテラが崩壊した昨年5月以来の最高値に達しました。

オープン・インタレストの増加は、新しい資金が市場に流入しているか、既存の参加者が割り当てを増やしていることを意味します。この指標は、市場のセンチメントや価格トレンドの強さを判断するための指標として使用できます。

そのため、オープン・インタレストは、Coinalyzeのデータによると、4月下旬以降、8,000億ドルのレベルでほぼ停滞しています。

ビットコイン先物取引の増加は、主に高度な投資家が価格の変動をヘッジするために使用するビットコインオプション市場の取引量と買い物の活発化に伴っています。

ブラックロックなどの伝統的な金融大手からのETF申請が今後数か月で承認される場合、このトレンドが続く可能性があると、市場観察者の一部は述べています。

先週、ビットコインリワードアプリLolliのCEOであるアレックス・アデルマン氏は、電子メールで「ビットコインの急騰は、強固な価値保存手段としてビットコインに向かって移行する大きなトレンドの一部です。ブラックロック、ファイデリティ、インベスコなどの主要機関からのビットコインベースの製品のローンチと顧客の需要に応えるため、新しい規制ガイドラインが許可されたことが示すように、新しい資金が市場に流入しています」と語りました。

オリバー・ナイトとオムカル・ゴドボールがレポートに貢献しました。

編集者:パリクシット・ミシュラ。