「サトシ時代のビットコインが目を覚ます – 2010年に採掘された1005 BTCが動き出す」

Bitcoin from the Satoshi era awakens - 1005 BTC mined in 2010 starts moving

2010年に採掘された1,005 BTCを含むBitcoin(BTC)ウォレットが再び活性化し、匿名のユーザーが長い間眠っていたコインをさまざまなトランザクションで新しいアドレスに移動しました。

ブロックチェーンの研究者、開発者、暗号通貨トレーダーであるKirill Kretovは、Bitcoinの創設からわずか1年後に採掘されたBTCの移動を最初にフラグ立てた後、Cointelegraphに独占的に発言しました。

Cointelegraphは、Blockchairのブロックチェーンデータを使用してウォレットの詳細を独自に検証しました。ウォレットの明細によれば、2010年に受け取った1,005 BTCは328ドルで評価されていました。現在の時点では、これらのコインは2900万ドル以上の価値があります。

仮想通貨コミュニティ全体もBTCの活性化に注目し、Bitcoinの匿名の創設者であるSatoshi Nakamotoがコインを移動しているのか疑問視する声もありました。

サトシが帰ってきたみたいだ!このウォレットはサトシ・ナカモト本人が所有していると断言できる。

— The Wise Guy (@wiseguyhoshi) 2023年8月16日

Kretovは、Bitcoinの創造者が静かに新規のBTCを移動している可能性は低いとCointelegraphに語り、長期保有者または以前の休眠Bitcoinの活性化に関連するエンティティがトランザクションの背後にいる可能性を示唆しました。研究者は、この保有者がオーバーザカウンタートランザクションでBitcoinを売却している可能性もあると付け加えました。

「これらは100%クリーンなBitcoinですので、現在の市場よりも価格が高くなることが予想されます。それに加えて、これらのコインの年数が非常に魅力的になります。」

Kretovは、このウォレットが、2020年から2021年の間に13回にわたって50 BTCを含むウォレットからBitcoinを移動させた同じユーザーによって制御されている可能性もあると述べました。

Kretovはまた、Bitcoinの創設直後の数年間に多数の新規Bitcoinウォレットを監視している自身の研究アーカイブが、1000 BTC以上の他の3つの活性化をフラグ立てしたことを指摘しました。

これには、2011年に採掘された2つのウォレットから100 BTCが2021年12月に移動された最初のインスタンスが含まれます。2023年4月には、2011年に採掘された1000 BTCが単一のウォレットから移動され、さらに2023年7月には2012年に遡るウォレットから1037 BTCが移動されました。

「2011年と2012年のBTCと資金の出所は異なりますが、新たに採掘されたコインではありません。したがって、現在の活性化はこれらの13インスタンスにより近いです。」

最近のCointelegraphの報道によると、別の休眠BTCウォレットで1,037コイン以上が新しいアドレスに移されました。このBTCは2012年4月に購入され、推定価値は5,100ドルでした。2023年の移動時の総価値は約3100万ドルでした。

この記事をNFTとして収集して、歴史的な瞬間を保存し、暗号通貨スペースの独立ジャーナリズムを支援しましょう。

マガジン:遺産の価値:サトシのBitcoinを追跡する