「ビットコイン、金利上昇によるマクロの不安から再び26,000ドルに下落」

Bitcoin falls back to $26,000 due to macroeconomic concerns caused by rising interest rates.

ビットコイン(BTC)の価格は、水曜日の早い段階で27,000ドルを取り戻すように見えたが、株式市場の再度の下落とともに反転した。

午後の取引では、S&P 500とナスダックはそれぞれ約0.6%下落している。それ自体は大きな下落ではないが、両指数は8月の初めから約10%下落している。

ビットコインは過去24時間でほぼ26,200ドルで横ばいだが、日中は26,800ドルを上回っていた。CoinDeskマーケット指数(CMI)は0.15%上昇している。

この下落は、10年国債利回りがさらに9ベーシスポイント上昇し、16年ぶりの4.63%の新高に達したことと並行して起こった。金利の上昇に伴い、原油価格も3.5%以上上昇し、バレル当たり93.53ドルの2023年最高値を記録した。経済における成長の鈍化と急激なインフレの組み合わせを示す「スタグフレーション」という用語は、1970年代以来あまり見られていないが、金利と原油価格の急上昇は使用量の増加を引き起こす可能性がある。

実際、ウォールストリートジャーナルの調査によれば、41%の米国最高財務責任者(CFO)が資本支出計画を削減し、42%が運営コストを削減する方針を示している。2022年第4四半期に実施された以前の調査では、資本支出を削減する計画のある企業はわずか30%、運営コストを削減する意向のある企業は27%だった。