6月にビットコインとイーサリアムの供給量が取引所で減少:ゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックス(GS)は、規制強化と犯罪の増加により、ビットコイン(BTC)とイーサ(ETH)の供給量が6月に取引所で減少したと述べ、オンチェーンのデータを引用した報告書を火曜日に発表しました。

市場規模で最大の仮想通貨であるビットコインの供給量は4%減少し、2022年12月のレベルに近づき、それ自体が2020年11月以来の最低水準であり、2021年のブル市場の始まり直前でもありました。報告書によると、イーサの供給量は5.8%減少し、2018年5月以来の水準となりました。

このトレンドは、いくつかの要因に支えられていると銀行は述べています。

報告書によると、「主要な中央集権型取引所は、規制上の風当たりにさらされており、サイバーハックと窃盗は仮想通貨市場全体で懸念され続けており、資産保有者は自己保管を好む傾向にあります。人気のある格言『鍵を握っていないものは自分のものではない』と一致し、特にイーサに関しては、ステーキングイーサの引き出しが可能になったことにより、投資家はイーサをステーキングすることを好むようになり、受動的に取引所で保持することを選択しています。」と述べています。

ゴールドマンは、6月がビットコインマイナーの在庫売却の最高月だったと指摘し、マイナーは仮想通貨の強いパフォーマンスを活かしました。5月から6月のマイナーからのビットコインの総流入量はほぼ2倍になり、9900万ドルに達したと述べています。ビットコインの価格は約12%上昇しました(TradingViewのデータによる)。

5月に見られたネットワークの混雑に続いて、6月には手数料が通常に戻り、ビットコインとイーサの月間アドレス活動が回復し、それぞれ15.5%と37.5%増加したと報告書は追加しています。ゴールドマンは、イーサの平均日焼失量が月間ベースで65.1%減少し、平均日手数料が63.3%減少したことも指摘しています。

報告書によると、先月は新たなオンチェーンの活動も増加し、ビットコインとイーサの平均日新規アドレス数は、1か月前と比較してそれぞれ9.8%と48.2%増加しました。

続きを読む: ゴールドマン・サックスによると、5月にはビットコインの大量利益確定売りがありました。

編集:シェルドン・リーバック。