「米ドル急騰でビットコインが26.5万ドルまで下落;過去最高の金利が暗い影を落とす仮想通貨企業にとっては‘悪夢’」

Bitcoin drops to $265,000 due to a sharp rise in the US dollar; the highest interest rate casts a dark shadow on virtual currency companies, a 'nightmare' for them.

  • ビットコイン(BTC)は、利上げや米ドルの急上昇、株式の下落により26,500ドルまで下落しました。
  • OandaのEdward Moya氏によると、連邦準備制度理事会(Fed)の「長期間にわたる利上げ」方針は、仮想通貨企業に圧力をかけています。
  • QCP Capitalによると、株式売りがBTC価格を下押しする可能性があります。

木曜日、仮想通貨市場は下落しました。連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が金融状況を引き締め、長期間にわたり金利を高く保つと発言したことの影響を投資家が消化しました。

過去24時間で1.5%下落し、約26,600ドルまで下落したビットコイン(BTC)は、Mt. Goxの崩壊に関連する支払いの延期に関するポジティブなニュースにほとんど反応せず、デジタル資産市場の売り圧力の源泉となってきた長年の問題による影響は薄かったです。

イーサリアム(ETH)は1,600ドルを下回り、BTCに対しての連敗記録を伸ばし、主要な仮想通貨に対して14か月ぶりの安値を記録しました。ETHは1.8%下落し、広範な市場指標であるCoinDesk Market Index(CMI)と同様の動きをしました。

仮想通貨の主要通貨もさらに大きな損失を被りました。Solana(SOL)、Polygon(MATIC)、Lido(LDO)、Optimism(OP)は、その日の間に3%から5%下落しました。

仮想通貨セクターの中で、CoinDesk Culture & Entertainment Index(CNE)は下落に抵抗し、非代替性トークン(NFT)プラットフォームであるImmutableXのネイティブコイン(IMX)の強いパフォーマンスにより1%上昇しました。

株式売りがBTC価格を下押しする可能性

Fedは、今年にさらなる利上げを予測し、来年の利下げを縮小する方針を示し、伝統的な市場を活気づけました。

10年債利回りは16年ぶりの高値に急騰し、主要通貨のバスケットに対する米ドルの強さを示すDXY指数は、米国地方銀行の危機のピーク時以来の高値である106に一時的に跳ね上がりました。

その結果、米国の株式市場は売られ、広範な市場指標であるS&P 500は1.6%、テクノロジー銘柄の多いナスダック・コンポジット指数は1.8%下落しました。

デジタル資産取引会社であるQCP Capitalによれば、Fedの厳しい政策による株式市場への圧力は、仮想通貨価格にも影響を与える可能性があります。

QCPはTelegramの市場情報更新で次のように述べています。「米国の株式と金利市場はこれにより非常に重要なレベルを破り、反射性が発生し、ここからベアリッシュなシナリオが進行する可能性があります。このマクロな動きが仮想通貨市場に波及し、BTCを他の非常に張り詰めたマクロ市場(ナスダックなど)と比較して下押しする可能性があります」。

US 10-year Treasury rate (QCP Capital)

高金利が仮想通貨企業に圧力をかける

「借り入れコストは高止まりし、仮想通貨企業の再融資が悪夢となるでしょう。」Edward Moya、Oandaのシニアマーケットアナリスト

高金利は、オンライン証券会社OandaのシニアマーケットアナリストであるEdward Moya氏によれば、苦境に立たされているデジタル資産企業にも圧力をかけ、再融資コストを引き上げます。

彼はCoinDesk TVのインタビューで、「借り入れコストは高止まりし、仮想通貨企業にとっては悪夢となるでしょう」と述べました。

また、Moya氏は「仮想通貨は金利がピークに達するだけでなく、利下げへの期待も高まる必要があります。Fedはまだソフトランディングが実現すると考えていますが、いくつかのインフレ報告書が追加されれば、2024年の利下げへの期待も消えるでしょう」と付け加えました。

Bradley Keounによって編集されました。