ビットコインは、投資家たちがCPIデータやFOMCの利上げ決定を注視する中で、26,000ドルを下回っています

月曜日の早朝に一時的に2万6000ドルを超えた後、ビットコインはこのしきい値以下でより馴染みのあるレンジに戻りました。

市場規模で最大の仮想通貨は最近、過去24時間で1%下落し、$25,850で取引されていました。先週末には、米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所の巨人であるバイナンスとコインベースに対する訴訟と、米国中央銀行のインフレ抑制的な金融政策に対する継続的な不安が混在して、BTCは2万6000ドルに下落しました。投資家たちは、5月の消費者物価指数(CPI)の火曜日の発表と、翌日の連邦準備制度理事会の利上げ決定を注視することになります。

続きを読む: クリプトキャタリストウォッチ:今週市場を動かす要因

「規制上の懸念が高まっている中で、一部の投資家が特定の主要取引所から離れているため、暗黒界は停滞状態にあります」と、外国為替市場のメーカーであるOandaのシニアマーケットアナリストであるエドワード・モヤは、メールで書いています。「クリプトの主流化はDeFiでは実現しません。経験豊富なクリプトトレーダーがDeFiにより多くの取引量を移行している一方で、これは長期的な成長と新規投資家の獲得にとって良くないニュースです。」

モヤは、CPI報告とFedの決定の前に、「ビットコインは$25,400のレベルで重要なサポートがあります」と指摘しました。

イーサリアムは最近、約1,735ドルで取引され、日曜日から1.8%下落しており、SEC訴訟で言及された主要なトークンが大きな市場の下落に巻き込まれたためです。 SolanaブロックチェーンのトークンであるSOLは最近、約7%暴落し、PolygonおよびCardanaスマートコントラクトプラットフォームのネイティブクリプトであるMATICとADAはそれぞれ約2.8%と1.5%下落しました。一方、Kocoo Ethereum Trend Indicatorは、重要な上昇傾向のカテゴリーに上昇してから1週間後に下降傾向に転じ、投資家のセンチメントの低下の兆候です。

仮想通貨の進路は、再び大手の米国株式指数から外れ、大型テック株の急騰に支えられてS&P500は1年ぶりの高値を記録し、テック重視のナスダックは1.5%上昇し、ダウ・ジョーンズ工業株平均は0.5%上昇しました。10年債券の利回りは3.73%に上昇しました。デジタル資産と同様に取引されることが多かった金は、0.2%下落しました。

トロントに拠点を置く仮想通貨プラットフォームのFRNTフィナンシャルのデータと分析の責任者であるStrahinja Savicは、Telegramメッセージで、先週のSECの行動に巻き込まれたコインは不振であると指摘しました。しかし、彼は2020年には、RippleのXRPトークンが大きな地盤を失った後、数か月後に強く反発したことを楽観的に思い出しました。

「(SECが)Rippleを訴える前とほぼ同じです。SECの訴訟から来る規制の複雑さの中で、名前の挙がった資産が同様の回復力を示すかどうかを見ることができます。」とSavicは書いています。

James Rubinによる編集。