Bitcoin Coreバージョン25.0がリリースされ、新しい機能とトランザクションの使用例が追加されました

Bitcoin Coreバージョン25.0がリリースされ、ソフトウェアに新機能、バグ修正、パフォーマンスの改善がもたらされました。ユーザーは公式のBitcoin Coreウェブサイトから最新バージョンをダウンロードするか、既存のインストールを更新することができます。リリースノートには変更点が記載されており、アップグレード方法も説明されています。

注目すべき変更点の一つは、65バイト以上の非ウィットネスサイズのトランザクションの許容であり、これにより新しい用途が開かれ、CVE-2017-12842のような脆弱性に対する保護が強化されます。また、scanblocks RPCの追加により、ディスクリプタセットから関連するブロックハッシュを返すことで高速なウォレット再スキャンが可能になりました。

RPCのアップデートに関しては、すべてのJSON-RPCメソッドが、位置パラメータ値を便利に渡すための新しい名前付きパラメータ「args」を受け入れるようになりました。さらに、verifychain RPCは、望ましい深度とレベルでチェックが完了しなかった場合にfalseを返し、より正確なフィードバックを提供します。

リリースにはビルドシステムの変更、更新された設定、新機能も含まれています。たとえば、shutdownnotifyオプションは、Bitcoin Coreがシャットダウンシーケンスを開始する前に実行するコマンドを指定することができます。ウォレットセクションでは、minconfやmaxconfなどの新しいオプションが、さまざまなRPCに追加され、UTXOの確認に対するより大きな制御が可能になりました。

Bitcoin Core 25.0は、ソフトウェアのユーザーエクスペリエンスとセキュリティを向上させるための数多くの改善と最適化を導入しています。リリースに関しては、ユーザーは公式のGitHubイシュートラッカーに遭遇したバグを報告するように推奨されています。

Bitcoin Coreは、Linux、macOS、Windowsなどの主要なオペレーティングシステムで広くサポートされ、テストされています。ただし、サポートされていないシステムではBitcoin Coreを使用しないことが推奨されます。最新バージョンにアップグレードする前に、互換性のあるオペレーティングシステムを実行していることを確認する必要があります。さらに、アップグレードする場合は、改善点を詳しく理解するためにリリースノートを確認することが推奨されています。