ビットコインの反対派が勝利、市場予想に反して反発:Santiment

サンティメントのデータによると、最新のビットコインの反発は、ほとんどの投資家がそれが起こることを諦めた後に起こりました。

「バイ・ザ・ディップ」の声が消えた後にビットコインが反発

オンチェーン分析企業のサンティメントのデータによると、実際の反発前に「バイ・ザ・ディップ」の呼びかけはほとんど消えていたとのことです。注目すべき指標は「ソーシャルボリューム」で、与えられたトピックや用語に言及するソーシャルメディアのテキストドキュメントの総数を測定します。

ここでのテキストドキュメントとは、Reddit、Twitter、Telegram、4chanなどのさまざまなソーシャルメディアプラットフォームから取得した投稿/スレッドのコレクションを指します。ただし、このメトリックは、そのような投稿が与えられた用語に少なくとも1回言及しているかどうかにしか関心がありません。

これは、スレッドが何度もトピックに言及していたとしても、そのスレッドの貢献度は1単位のままであるということを意味します。この制限の利点は、多くの議論を含むわずかな投稿だけがそのように全体を有利に歪めることができないため、セクター全体でフォローされているトレンドについてより良いイメージを提供することです。

現在の議論の文脈では、ユーザーが「バイ・ザ・ディップ」と呼びかける暗号通貨関連の話題が関連しています。そこで、サンティメントは、デジタルアセットセクター全体のソーシャルボリュームを取り、具体的に「バイ」と「ディップ」と関連した用語を使用してフィルタリングしました。

以下は、主要なソーシャルメディアプラットフォームごとに分解されたこのトピックに関連するソーシャルボリュームを示すチャートです。

メトリックの価値は数日前に急上昇したようです | ソース:Twitterのサンティメント

上記グラフに表示されているように、ビットコインと市場全体がBinanceが訴えられたニュースのためにクラッシュした直後、RedditとTwitterでこれらの用語に関連する議論のソーシャルボリュームが大幅に増加しました。

これは、ユーザーが価格が急落した直後に興奮し、すぐにバイ・ザ・ディップを呼びかけ始めたことを意味します。しかし、実際には、価格がまだ反発しておらず、市場が興奮した後もBTCは下落を続けました。

コインが次の日もほとんど横ばいに動き続けたことで、「バイ・ザ・ディップ」に関する議論は次第に収束し始めました。ここで、実際の反発が起こり、メインストリームの人々を驚かせたようです。

歴史的に、ビットコインやその他の資産は、大多数の見解とは反対の方向に動くことがより多かったです。人々が一方向に偏るほど、市場は反対の種類の動きを示す可能性が高くなります。

この理由から、「反対投資」のフォロワーは、人々が恐れを感じているときに購入し、市場で欲が高まっているときに売却するのが最善であると考えています。このビットコインの反発は、これらの反対派トレーダーにとって有利に働いたようです。

BTC価格

執筆時点では、ビットコインは約26,600ドルで取引されており、過去1週間で2%下落しています。

BTCは27,000ドルを超えた回復以降、下落しました | ソース:TradingViewのBTCUSD