ビットコイン(BTC)の支配力が50%を超え、アルトコインへの取り締まりが強化されました

最近、ビットコイン(BTC)は苦戦を強いられてきましたが、その市場支配力が揺らぐことはなかったかもしれません。なぜなら、フラッグシップ暗号通貨の時価総額が最近、他のすべての暗号通貨を合わせたものよりも高いレベルに達したからです。

TradingViewのデータによると、ビットコインの支配力は月曜日に50%を超え、2年以上ぶりの試みでした。2021年5月の中国の禁止措置に続いてBTC価格が下落した後、最も近くに50%に迫ったのは2022年6月でした。それは、永続的なインフレーションのニュースが出た後に市場全体が再び急落した直前でした。

ビットコイン支配力が向上するのに役立つ可能性のあること

ビットコイン支配力は、BTCの時価総額を全暗号通貨市場の時価総額で割った比率を表しています。ただし、多くの人々は、安定コインをその計算に含めることを批判しています。彼らは、安定コインはおそらくブロックチェーン上で取引されているドルにすぎないため、BTCの真の市場シェアはその計算によって適切に表されていないと主張しています。

それにもかかわらず、いわゆる安定コインさえ今年は苦戦しています。2月には、米国証券取引委員会(SEC)がPaxosに対してBUSDの発行を停止するよう命じました。最近では、Cardano(ADA)、Solana(SOL)、Polygon(MATIC)などのトップアルトコインも大幅な損失を被っています。この原因は、SECがCoinbaseに対して提訴し、これら3つのコインが登録されていない証券であると主張したことによるものです。

同様に、規制当局は、取引所のナティブトークンであるBNBが証券であると主張する訴訟をBinanceに起こしました。この訴訟のニュースが予想通り、BNBトークンは今月だけでも少なくとも20%下落しました。ただし、BNBは暗号通貨市場で重要なシェアを占めています。市場時価総額で4番目に大きな暗号通貨です。

あらゆる面で厳しい規制圧力がかかっているため、安定コインは合わせて数十億ドルもの時価総額を失いました。その結果、BTCが再び暗号通貨市場を圧倒するようになりました。

たぶん、さらに支配力を持てる余地があるかもしれません。先週火曜日、MicroStrategyのMichael Saylorは、他のデジタルアセットに規制当局が現在行っている勢いを維持できれば、ビットコインの支配力が将来的に80%以上に上昇すると予測しました。