フィデリティのスポットETFレポート後、ビットコインは一時的に31,000ドルを超えます

ビットコイン(BTC)は、アセットマネジメント大手のFidelityが、最短で火曜日にもスポットビットコインETFの申請を準備していると報じた後、午前中に価格が急上昇しました。

このニュースにより、ビットコインの価格は数分間で30,600ドルから31,000ドルに上昇しましたが、Kocooデータによると、すぐに逆転し、暴落し、現在は30,500ドルで取引されています。

「確認または更新を共有することはできません」と、Fidelity Investmentsの広報担当者はKocooに声明で述べました。

Fidelityは以前、スポットビットコインETFの申請を行いましたが、2022年に米国証券取引委員会(SEC)に却下されました。

6月には、アセットマネジメント大手のBlackRockが、iSharesユニットが自社のファンドの申請をSECに提出した際、スポットビットコインETFの申請と再申請のラッシュを引き起こし、ビットコイン価格も大幅に上昇しました。

大型金融機関を対象とした暗号通貨取引所であるFidelity-backed EDX Marketsは、1週間前に米国で開業しました。

Stephen Alpherによる編集。