「ビットコイン注目:ロバート・キヨサキ、シティバンクのブロックチェーンプレイに疑問を呈するBTCの将来について」

(Bitcoin Attention Robert Kiyosaki questions the future of BTC in relation to Citibank's blockchain play)

最近、金融業界ではシティバンクがブロックチェーン技術を活用したプラットフォームを発表し、機関の節約をトークン化するというニュースが話題となりました。このニュースは、「リッチ・ダッド・プア・ダッド」の著者であるロバート・キヨサキ氏を含むさまざまな分野からの関心を引きました。キヨサキ氏はこれをビットコインと結びつけました。

キヨサキ氏はX(以前はTwitterとして知られていた)プラットフォームを使用して、これがビットコインと米ドルにどのような影響を与える可能性があるのかについての好奇心を表明し、オンラインコミュニティからさまざまな反応を引き起こしました。

シティバンクのトークン化への進出

シティバンクが最近ブロックチェーン技術の領域に進出したことは、この機関にとって重要な転換点となります。彼らの新しい提供であるトークン化サービスは、特にファイナンス分野内のキャッシュマネジメントに焦点を当てています。

この最新の開発は、ブロックチェーン技術の特徴やスマートコントラクトを活用し、機関のクライアントの特別なニーズに対応するように設計されています。

銀行の発表は、この取り組みの背後にあるビジョンをより深く理解するための洞察を提供しています。更新情報によれば、シティバンクはこれらのスマートコントラクトを、銀行保証や信用状などの伝統的な銀行業務を現代の代替手段として活用する意図があるとしています。

この決定は、現在の技術トレンドへの適応だけでなく、金融界の変化するダイナミクスへの対応を意味しています。シティバンクの戦略は、常にオンで柔軟な金融サービスへの需要の増加を認識し、それに応えることに焦点を当てています。

この需要は、ビジネスがグローバルに展開され、即時の取引の必要性が最も重要な時代に訪れています。これに対応するために、シティバンクのトークンサービスは、機関が自社の財務を取り扱う方法を変えることを約束しています。

このサービスは、24時間365日稼働し、途切れることのない国境を超えた支払いを可能にし、流動性を確保し、自動化された貿易金融ソリューションを提供することを約束しています。

キヨサキ氏の問い合わせと暗号コミュニティの反応

キヨサキ氏がXプラットフォームで問い合わせた内容は明快でした。シティバンクの新しい技術導入により、これが私たちが知るビットコインと米ドルの終わりとなるのでしょうか? 暗号コミュニティは迅速に反応し、シティバンクのトークン化イニシアチブによるビットコインへの迫り来る脅威を否定しました。

さようならビットコイン&米ドル? シティバンクは今日、銀行ブロックチェーン技術を提供し、機関の節約をシティバンクトークンに変えることができると発表しました。24時間365日稼働する即時の国境を超えた取引。さようならBC&米ドル?

— ロバート・キヨサキ (@theRealKiyosaki) 2023年9月26日

XプラットフォームのユーザーであるShivam Sharma氏は、ビットコインのユニークな価値提案を強調し、シティバンクのトークンは本質的にはデジタル台帳であると指摘しました。彼は、ビットコインが分散型通貨として独自の領域を築いていると述べています。

ハンドルネームがHappenings NFTの別のユーザーは次のように述べています。

ソフトウェアは資産ではありません。他の銀行は他の銀行を信頼していません。銀行は即時の国境を超えた支払いを実現するために第三者が必要です。これがJPMコインがうまくいかなかった理由です。

Bitcoin (BTC) price is moving sideways on the 4-hour chart. Source: BTC/USDT on TradingView.com

アイキャッチ画像:iStock、チャート:TradingViewより