「ビットコインと仮想通貨資産管理が6500億ドルの産業に成長する予測:アライアンス・バーンスタイン」

Bitcoin and cryptocurrency asset management predicted to become a $650 billion industry Alliance Bernstein.

Alliance Bernstein(AB)は、資産管理額6460億ドルの有力な資産運用会社であり、ビットコインと暗号通貨ファンド管理業界は驚異的な成長を遂げ、次の5年間で6500億ドルに達する可能性があると予測しています。

この予測は、ウォールストリートの企業によるビットコインの制度的な採用の見通しを強化する最近の動向に続いています。

ABは、現在の暗号通貨ファンド管理セクターの規模は約450-500億ドルであると推定しています。しかし、同社のアナリストは、2028年までにこの数字が5000億ドルを超える可能性があると主張しています。これにより、ABが「コテージ産業」と呼ぶものから、完全に形式化された規制された資産管理セクターへの移行が示されます。

この成長を推進すると予想される需要は、投資顧問、ウェルスマネジメントサービス、プライベートバンキング製品、および直接ブローカーアカウントを通じたビットコイン上場投資信託(ETF)の利用可能性の向上など、さまざまな要因によって発生すると予想されています。

ABによれば、この野心的な目標を達成するためには、ビットコインとイーサリアムの総時価総額の10%のシェアを占めるビットコインETFと、流動性のある暗号通貨ヘッジファンドが5-6%を占める必要があります。

重要なことに、最近の動向により、ビットコインETFの展望が大幅に改善しました。BlackrockやFidelityなどの伝統的な金融大手は、ビットコインETFの申請を行いました。さらに、特にGrayscale事件により、米国証券取引委員会(SEC)は暗号通貨ETFの立場を再評価するよう促されています。

ABは現在、SECの承認が2024年初頭までに実現する可能性が大幅に高まったと考えています。

さらに、ABのアナリストは、ステーブルコインの重要性の増大についても強調し、支払いの採用における重要な役割を果たしていると指摘しました。彼らは、ステーブルコインが沖合の規制されていない暗号資産から、主流の支払いやグローバルな決済でより広範なユーティリティを持つ規制されたインストゥルメントへの変換の可能性を強調しました。

これらの予測は、ABバーンスタインの以前の報告と一致しており、最近のGBTCの判決は重要な前進であり、スポットビットコインETFは2024年10月中旬から2024年3月中旬の間に承認を得る可能性があると示しています。